ビリヤードは手玉を真っ直ぐに、突き出さないと狙い通りのゲームは出来ません。

その為に、キューをまっすぐ手玉に向かって突く事が大事でして、それが出来なければ、なかなか上達することはありません。手玉に向かってまっすぐ突くには、キューを正しく持つ事は非常に重要です。

今回は、キューの正しい持ち方をご紹介します。


1. 正しいキューの持ち方は?

まず、右利きの方の場合は、右手でキューのグリップ部分を握ることになります。左利きの方の場合は、左手でキューを握ります。




ここからの話は、右利きの方は右。左利きの方は左で下の話を読んでください。

キューを持つ場所の基本は、キューの重心から10㎝程度後ろくらいが、ちょうどバランスが良いかと思います。この持つ位置が、前すぎたり、後ろすぎたりすると、キューがぶれて手玉を突きにくくなりますので、キューを振ってみて、最も振りやすい、ストロークしやすい位置を探してみましょう。

握り方は、手の平がキューに触れるか触れないかの所で持ち、親指と中指で支えるように持ちます。他の指は添えるだけにして、ストロークします。

無駄に力を入れて持つ必要はいっさいありません。逆に力いっぱい握るとストロークの時にぶれて振ってしまいます。

そして、手玉とキューがあたるインパクトの瞬間は、5本の指で握ってください。軽く握っただけだと、腕を振った力が手玉に伝わらず、手玉が上手く的玉へ向かっていきません。


2. 初心者がおぼえる上達へのポイント


1. キューを握りすぎないこと!

初心者の方によくあるのですが、絶対にポケットしてやろうと、腕に力を入れすぎて、最初から5本の指でがっちり握ってショットする方がいます。

だいたい、自然にキューが出せなくて、手玉の上を突いたり、まっすぐキューが出せなくて、狙い通りの所に行かなかったりして、なかなかビリヤードが上達しません。

力いっぱい握らず、手首を柔らかくさせることが重要ですので、楽にキューを持つようにしましょう。


2. キューと腕を90°にすること!

ビリヤードのショットで大事なのは、手玉を突く瞬間に、キューと腕が90°になることが一番大事です。

そして、そのインパクトの瞬間にキューをしっかり握り、ストロークの力を手玉に与えることなので、正しいフォームがしやすい自分に合った持ち方をさがしてみてください。


3. 他の人の持ち方を見ること!

ビリヤード場で練習する時でも、ネットでも構いませんので、他の人がどうやって持っているか見てみましょう。

ただし、その人の持ち方が100点ということは、まず、ありません。他の人を見て、自分に最もあった持ち方。スムーズなフォームが出来る持ち方を見つけるのが、上達への一番の近道です。