ビリヤードのひねりは、何度やっても難しいと思います。理屈では語れないのがひねりですからね。場数を踏めば踏むほど、難しさと壁を感じることでしょう。

そんな、壁を感じている中級者の方へも、含めてひねりの打ち方とコツをご紹介します。


1. ひねりの失敗の原因

狙ったクッションの位置が悪かったのか、それとも、角度が悪かったのか、ひねりの良が違ったのか、失敗した原因をいろいろ、考えると思いますが、その時、忘れがちな原因が撞くポイントの正確さです。

撞くポイントは、慣れてくると、フォームもしっかりしているし、そこはしっかり撞けている!と思いがちなのですが、意外に、撞いているポイントは、自分が思ったところと違ったのかもしれません。




ひねりのイメージは出来て、間違いないのですが、そのイメージのポイントにしっかり、当っていないということです。


2. 今のうちに心がけるポイント

撞くポイントがずれているのは、ストロークとタイミングが悪いからです。

手玉の撞く場所は、中心、真上、真下、左、左上、左下、右、右上、右下と9つが基本です。その九つのポイントから、ちょっとずつ調整していくわけです

左を撞こうとした場合も、左下になってしまうことは、結構、あります。初心者はもちろん、中級者でもあることです。

どうして、そんなにずれるのかと言うと、まだまだ、ストロークが安定していないので、ショットのタイミングが合っていないからです。

自分が思っているところでインパクトしていないということです。

これを直すには、インパクトのタイミングを直すことと、ストロークでグリップを握りこむタイミングを意識することが必要です。


1. インパクトのタイミングを直すには?

手球1個分、早めにインパクトするイメージを持ってください。

中級者によく見られるのは、インパクトが自分のイメージしているものより、遅い場合が多いです。手球より奥にインパクトがあるのです。

手球よりも奥にインパクトがあるということは、キューのスピードも撞くポイントも、自分がイメージしているものよりズレているということです。

自分のインパクトのタイミングを判断するには、目をつむった状態で、手球に対して、普通に撞くのと同じ動作をし、インパクトだと思うところでキューを止め、キューが手球に当たってしまえば、インパクトが遅いということです。

だいたい、手球1個分、早くインパクトするつもりで撞くと、ちょうど良いのですが、もし、フォームに違和感を感じるようならば、チョーク1個分くらいずつ調整してみてください。


2. ストロークでグリップを握りこむタイミングを意識する

グリップを握りこむのが遅いと、インパクトも遅くなります。

遅い人は、だいたい、インパクトの瞬間に握りこむように意識しているようですが、それが、インパクトのタイミングを遅らせる、大きな原因になっています。

”ストロークを振り出す瞬間”に握りこむ意識をしてください。

ただし、振り出すからグリップを握りこむ、という意識ではなく、”グリップを握りこむことでストロークが発進する”
というイメージの仕方でお願いします。

これができるようになると、インパクトが遅すぎて、キューの力が手球に伝わらない、ということがなくなります。


3. ひねりのコツをマスターすれば上達する。

なかなか、言葉で説明しても、難しいのがビリヤードのひねりです。

実際にやってみて、真っ直ぐとひねりとのショットの違いを見てみましょう。

自分のイメージ通りに、ひねりを使い切るには、経験を積むとおのずとわかってきます。

ただ、わかったことも、復習をしなければ、出来ないということを、今回でわかっていただけたと思いますので、普段から、ひねりのチェックと練習はしておきましょう。

イメージ通りに、ビリヤードのひねりが決まると、気持ちがいいものですよ。