ビリヤードでは、キューの使い方が大切であり、一歩間違えると、ファウルをとられてしまうこともあります。

今回は、キューがキューボールの上に乗ってしまうちょんまげについて考えます。


1.ちょんまげとは?

ビリヤードでいうちょんまげとは、キューボールの上の方をキューで撞きすぎて、キューボールの上にキューが乗ってしまった状態のことをいいます。

まさしく、頭に結わえる髷のような形であることから、この名前がついたようです。

ちょんまげは英語でmiss cueというように、ファウルを取られる行為です。




ファウルを取られるということは、相手プレイヤーに撞く番を与えてしまうということです。

自分のミスで相手プレイヤーに撞く番を譲ってしまうことほど、悔しいことはありません。

ゲーム中は、できるだけ自分のミスを少なくすることが肝心です。

従って、基本的なポイントを押さえた上で、キューボールを撞けるよう練習し上達する必要があります。


2.ちょんまげを避けるためにすべきことは

ビリヤードでちょんまげになるということは、キューがあるべき場所に行っていないということですよね。

キューの先が上を向いていたか、撞く際に動いてしまったかが原因として上げられます。

まず、キューはテーブルに平行にしてストロークできているでしょうか。

キューの扱いに慣れてきていても、時々は鏡などでチェックすることが肝心です。

またキューボールを撞いた後は、すぐに立ち上がったり動いたりしてはいけません。

ボールの動きが止まるくらいまでは、じっとしている習慣をつけましょう。

撞いてからすぐに動いてしまうと、キューとボールは離れたかのように見えても、キューの向きが変化し、思っていたように撞けなかったという結果になります。

撞いてから、最低でも2秒はスタンスをキープするようにします。

特にキューボールの上の方を撞く場合には、少し油断するとちょんまげになりやすいです。

ブリッジを高めにし、グリップの高さも調整します。

右利きのプレイヤーなら、ブリッジは左手、グリップは右手がおこなっているはずです。

グリップを高めの位置にするということは、二の腕に力を入れてキープすることが大切です。

慣れるまでは筋肉痛になるくらいツラいこともありますが、慣れるまでの我慢だと思ってください。

キューはテーブルと平行になるようにし、ひじから手首までがストンと下りているようにします。

撞く時には、キューボールのどの位置を撞くかを明確にして撞くことが大切です。

そうすれば、キューボールを撞いた時もキューとボールの絡みが感じられるでしょう。

最後まで気を抜かずにボールを撞けていたら、ちょんまげになることはありません。

ちょんまげを意識して避けるというよりも、ストロークなどの基本的なポイントを常々チェックしておくことで、ちょんまげになることはまずないので、心配は要りません。

ビリヤードの基本的なポイントをマスターしている状態がキープできているとベストですし、ちょんまげだけでなくビリヤード全体の上達につながります。