ビリヤードでは、キューボールを的球に薄く当てなければ的球がポケットに入らない場合があります。

この薄く当てなければならないボールを薄球とよび、厚球と同様、練習を重ねる必要がありますので、その練習方法や上達方法について考えてみましょう。


1.薄球とは?

ストレートショットの場合、キューボールは的球とポケットの直線上にありますね。

しかしポケットと的球に対して、キューボールがその直線上から離れれば、角度がつきます。

この時には、キューボールを的球に薄く当てなければ的球は角度をつけて進んではくれません。




厚く当てるということは、的球がまっすぐ進んでしまうということですからね。

この時の薄く当てなければ的球がポケットに入らないボールの配置をビリヤードでは薄球といいます。

薄球も練習を重ね感覚をつかむことで上達の道が開けます。


2.まずハーフボールから練習する

初めから非常に角度のついた薄球を練習するのは難しいと思います。

まずはハーフボールの感覚をおさらいします。

もちろん、ストレートショットが完璧にマスターできているという条件付きでの話です。

キューボールと的球の距離は自分の手と肘の長さから練習します。

ハーフボールの感覚をしっかりつかめたら、角度をつけて薄球に近づけていきます。

ハーフボールはハーフ=1/2ですから、次は1/4の厚みですね。

慣れないうちは、イマジナリーボールを実際に置いて、キューボールからの見えかたや感覚を感じることに重きをおきましょう。

慣れれば、イマジナリーボールを取り除き、反復練習です。

ゲームでは、1/4と1/8の間の薄さになることもありますが、感覚を磨いておけばどんな薄球にも対応できます。

薄球は、角度が何度とはっきり決まっているわけではありません。

1/8までくれば、充分薄球の上達ができていると考えていいでしょう。


3.練習のポイントは?

ビリヤードの薄球を上達させる練習で、気を付けるべきポイントがあります。

まずは的球とキューボールの距離を、自分の手と肘の長さにし、的球の位置は変えないようにすることです。

角度によってキューボールを移動させてください。

同じシチュエーションを作ることで、この場合では薄球に特化した練習ができます。

そしてミスをした時には、的球がポケットの右側に行ったか、左側に行ったか覚えておきます。

5球なら5球の行方や結果を見直します。

自分が適当な厚さより、キューボールを厚く当てているのか、薄く当てているのか分かるでしょう。

ポケットの右側に行く方が多かったなら、次は左側にミスするぐらい思いきって撞きましょう。

反対も同様にします。

同じミスが続くのは、調整ができていないということです。

とにかく自分で調整を重ね、感覚をつかむことが大切です。

練習でミスする恐怖を感じず思いっきり撞くことが、ビリヤードの上達のカギになります。