ビリヤードでは、キューボールを的球に当て、的球をポケットに入れる必要があります。

そして、的球をポケットに入れ続けるために、キューボールのコントロールをしていかなければなりません。

そのうちの押し球についてここでは考えていきます。


1.押し球とは?

ビリヤードの押し球とは、キューボールに前進する回転を与えることにより、的球をポケットに入れるだけでなく、キューボールが転がるコースをコントロールしようとするショットです。

キューボールの前進する回転を利用しているので、必要な時に意図的に使用します。




では、押し球にするにはキューでキューボールを撞く位置はどこになるでしょうか?

真ん中?

上の方?

下の方?

正解は上です。

上と言っても、キューボールを時計に見立てた場合の12時の位置です。

押し球をマスターすれば、キューボールの可能性が広がります。

ビリヤード自体の上達につながります。


2.押し球をマスターするポイントは?

押し球は、キューボールがまっすぐ当たることで利用できます。

まずはストレートショットで練習です。

ポケット、的球、キューボールが一直線に並んでいるのがストレートショットですよね。

的球とキューボールの距離は、自分の手と肘の長さにしておきます。

キューボールの12時の位置を撞きますので、ブリッジは高めになりますね。

右利きの人なら、左手でキューの先を乗せて支えている部分です。

ブリッジの高さが高くなっても、人差し指、小指、親指の根元の腹、その逆の小指側の腹はビリヤードテーブルにしっかりとつけて安定させます。

必ずこれら4点は密着させてください。

ブリッジが高くなったわけですから、グリップの調整もする必要があります。

グリップとは、右利きの人なら右手ですね。

キューの太い方を握っているところです。

鏡があればキューの高さがテーブルと平行になっているかチェックします。

グリップしている腕、特に二の腕をしっかり持ち上げるようにすると平行になりやすいです。

キューを撞く際に、キューがボールに対してまっすぐ当たることで前進する回転がかかりますので、キューの高さ、ストロークも気を付けたいポイントです。


3.具体的な練習方法とは?

押し球の具体的な練習方法に移ります。

先程のポイントを踏まえ、ストレートショットで何度も反復練習するのみです。

キューボールの12時の位置をキューがとらえ、回転がかかる感覚をつかめば上達できます。

キューボールの真ん中より少し上では、回転のかかり方が弱いのが分かるでしょう。

キューボールの進み具合に違いがあるはずです。

押し球とはいいますが、キューボールを押すのではありません。

キューボールを撞くということを頭に置いてついてください。

上を撞きすぎて、ボールにしっかりキューが当たらないこともあります。

練習にミスはつきものです。

ミスを恐れず、思いきって撞きましょう。

まずはストレートショットで練習を重ねてください。