ビリヤードテーブルには、合計6つのポケットがあります。

このポケットはボールと比べると少し広い感じがしますね。

このポケットの幅の広さを利用した撞き方が穴フリです。

今回は、ビリヤードの穴フリについて考えます。


1.穴フリとは?

穴フリという言葉を聞かれたことがありますか。

ビリヤードでいう穴フリとは、ポケットの幅の広さを利用して、キューボールをわずかに厚く、または薄く撞くことで的球をポケットに入れようとすることです。

ポケットの幅は大体ボール2つ分あります。




例えばストレートショットの配置にある場合、的球はポケットに入れやすい状況ですね。

しかしながら、ビリヤードでは、次にポケットに入れたい的球のことを考えて、キューボールの動きをコントロールしたい時があります。

自分が相手のプレイヤーに撞く順を与えず、撞き続けるためにも、キューボールをコントロールし、流れを作っていく必要があるのです。

そんな時に、穴フリが使えます。

わずかに厚め、薄めに撞くことで、キューボールの動きは大きく変化します。

穴フリが上達すると、キューボールのコントロールもうまくできるようになりますよ。


2.穴フリが上達するためには

穴フリのマスターを目指すなら、普段はポケットのど真ん中を狙う習慣をつけましょう。

ポケットのどこにどのように入ってもいいとなると、穴フリでもそうでなくても同じように捉えてしまいがちです。

もちろんビリヤードでは、ポケットに入ったらいいのですが、ゲームでどんどん色んなことができるようになりたいなら、常に、ポケットの壁に当たらず、ど真ん中に入るように心がけてみます。

より厳密にプレイすることで、上達の度合いも変化しますよ。

ビリヤードの奥深さにも気づかれるはずです。


3.穴フリの練習方法は?

穴フリの練習方法としては、ビリヤードテーブルの半分を使い、コーナーポケットにたいして斜めにストレートショットの配置を作ります。

まずはストレートショットでポケットの壁に当たらず、ど真ん中に的球を入れられるかチェックします。

ストップショットで撞いてみましょう。

次に、的球を少し薄めに撞きます。

的球をポケットに入れるだけでなく、キューボールの動きの変化を見ます。

この練習では、必ずキューボールの同じ場所を撞くようにしてください。

基本はストップショットで練習するといいでしょう。

そうすることで、ボールの変化が一目瞭然です。

次にキューボールを少し左右に移動させ、それぞれから撞いてみます。

初めは、ポケットのど真ん中に入るようにして、次に少し厚みを調節して撞くのです。

穴フリは的球がポケットに近ければ近い程、的球がポケットに入りやすくなるのが特徴です。

ゲーム中には、穴フリに不安があるなら、無理して撞く必要はありません。

しかしながら、練習でキューボールの動きを把握しておくと、ゲームの予測が立てやすくなります。

是非、練習では、穴フリの挑戦をしてみてください。