ビリヤードでは、特にスリークッションなどの種目で、テーブルいっぱいにキューボールを動かしていくショットがよく見られます。

これを大回しといいますが、今回はこれについて考えます。


1.大回しとは?

ビリヤードの大回しとは、テーブル全体を使って、キューボールを何度もクッションに当てることで大きく動かすショットのことです。

ナインボールなどでは、次に撞くべき的球が決まっていますので、テーブル全体を使ってキューボールを動かしてやる必要も出てきます。

四方のクッションを自在に使い、キューボールの弧を描きます。




大回しが上達すると、キューボールのコントロールや動きも把握できるようになります。


2.大回しが上達するための練習方法

大回しに慣れるためにも、練習してみましょう。

ビリヤードテーブルを横長に見ます。

テーブルの中央辺りに的球を置きます。

キューボールは、その的球より少し斜め左下くらいに置きます。

テーブルの右半分の手前側、クッションの方に的球をもう1つ置きます。

あまりクッションに近すぎると、難易度が上がってしまうので、最初は少し離してください。

まずミドルポケットの間の的球をポケットに入れてから、キューボールをもう1つの的球が撞けるところにクッションに当てることで戻します。

キューボールは、向こう側のミドルポケットより右側、右横、手前側のミドルポケットより右側のクッションの順に移動します。

キューボールの弧は長方形になるはずです。

これが大回しのショットです。

残りの的球を右下のポケットに入れられたら、終了です。

キューボールが右側の的球に当たることがあるかもしれませんね。

できれば、右側の的球の右側を通り、手前のクッションに当たるのがベストです。

大回しを利用する際の考え方としては、今回撞くべき的球と次に撞くべき的球の位置関係を確かめてから、キューボールが通れそうな道を考えてやります。

その道=ラインとほぼ平行になるラインを今回撞くべき的球からも引けるか、確かめます。

ゲーム中など、テーブルに残っている的球が多いと、大回しを利用するのは難しくなります。

もう1つの練習例をご紹介します。

先程と同様、テーブルを横長に見ます。

的球はテーブルの左半分のほぼ中央より少し手前に、キューボールはテーブル全体のほぼ中央に置きます。

もう1つの的球は、右側のクッションの側、中央より向こう側に置きます。

キューボールを撞き、左側の的球をポケットに入れてから大回しです。

右側の的球が右上のポケットに入れられる位置までキューボールを動かします。

キューボールは、左側、左半分の向こう側、右半分の手前側に当たってから、右側の的球に近づきます。

右側の的球をポケットに入れられたら、終了です。

この場合も、キューボールの弧は長方形になるはずです。

大回しは、キューボールの弧が長方形だと決まっているわけではありません。

テーブル全体にキューボールを動かすショットだと考えてください。

初めからうまくできないかもしれませんが、少しずつ慣れてきますので、時間の余裕がある時に大回しの練習はするくらいでいいでしょう。

ビリヤードでは、大回しというショットも使えるということを頭に入れておくだけでも、上達につながるのです。