ビリヤードでは、的球をポケットに入れていくことで、自分の撞く番をキープします。

ここでは、テーブルに的球が散らばっている場合に利用するショット、寄せ球について考えます。


1.寄せ球とは?

ビリヤードの寄せ球とは、1~2回のショットで、テーブル上に散らばっている的球を1ヶ所に集めるショットを指します。

キューボールのコントロールをマスターしていれば、どんな配置でもポケットに入れられるのかもしれません。




しかしながら、やはりテーブルの中ほどに的球が程よく散らばっていると、キューボールのコントロールもしやすくなりますね。

ミスするリスクも減りますから、必要な時には利用してみたいショットです。

また知っているのといないのとでは、雲泥の差ともいえます。

慣れるまでは、ゲーム中に使うのは躊躇するかもしれませんが、ボールの動きを予測するのに知っていると便利です。


2.寄せ球に必要な練習とは

寄せ球をマスターするには、何よりもキューボールや的球の動きをよく知っていることが必要です。

その上で、的球をテーブル上でまとめるように動かすのです。

具体的に考えてみましょう。

テーブルを縦長に見てください。

テーブルの中央にキューボールを置き、他に3つの的球を使います。

的球は、左から1ポイント、手前から2ポイントのところに1つ、左から0.5ポイント、手前から0.5ポイントのところに1つ、右から1.5ポイント、手前から1.5ポイントのところに1つ、キューボールより1ポイント向こう側に1つ置きます。

的球を並べると、キューボールからどのように的球が動いていくか予測できるでしょうか。

キューボールから左手前の的球を撞くと、的球を置いていった順番に的球が動いていくでしょう。

この場合は長方形を形作り、3クッションに当たってから最後の的球まで到達するはずです。

ここでは、ボールの動きを確認するとともに、ボールの動きを何クッションで止めるか、到達地点の目標を決めて撞きます。

ありがたいことに、ビリヤードテーブルにはテーブルの縁に印が打ってあります。

ですから、この印を使って、2クッション当てて、2つ目の的球の手前、とか、3クッション当てて、3つ目の的球の手前に止めるとか具体的な目標を決めていくと、上達につながります。

他には、テーブル上に的球を散りばめて置きます。

ポケットに入れやすい順番でもいいですし、番号順でもいいので、自分でルールを決めて的球をポケットに入れていきます。

これまでマスターしてきたことを全て利用して、撞いていきましょう。

キューボールの動きを予測しながら、寄せ球で的球もコントロールします。

ビリヤードでは、毎回配置が異なります。

ですから、練習で自分の経験を増やしてゲームにのぞむことが上達への道になるのです。