押し球とも呼ばれ、手球が的球に当たったあと、一瞬止まって生き物のように的球を追いかけるアクションをするフォローショット。

なかなかきれいに押せないという初心者もいるのではないでしょうか。

フォローショットの考え方と練習方法を紹介します。


1. キューレベルについて

フォローショットに限らず、通常のビリヤードのショットでもっとも大事なのはキューレベルです。

水平に近いキューの動きが、確実に狙いたい撞点を撞ける理想の方法です。

下の撞点の場合はなかなか水平に振るのが難しいですが、フォローショットは上の撞点を撞くので水平に振れる可能性が高いです。




ブリッジを若干高く組んでグリップの位置を下げ、体の重心を後ろ目にしてストロークしましょう。


2. フォロースルーをとる

フォローショットはその名の通り、フォロースルーがとても重要なポイントです。

インパクトとともに肘を落とし、ジョイントがブリッジに届くくらいのイメージでフォロースルーをとりましょう。

タップを長く手球と接触させて、フォロースピンをより多く得るためです。

あまりフォロースルーを意識してこなかった人は、ゆっくり素振りをしてインパクト後の形をとる練習をしてみましょう。

キューが下を向いているようだと、まだグリップの位置が高く水平に振ることができていないかもしれません。


3. フォロースピンを効かせるためには

よく、押そう押そうと思って撞点を目一杯マキシマムにして撞いている人がいますが、これでは良いスピンが得られません。

タップが手球に接触したあと、台と手球の圧力に負けてキューが上に逃げてしまうため、接触時間が短くスピンが得られません。

ブリッジの高さを落とし、撞点を中心から1タップ上程度にして、グリップの位置をより落とします。

そして、手球を下から撞き上げるイメージで振り抜きましょう。

先ほど水平に振ることが大切と書いていて、矛盾すると思われるかもしれませんが、上を撞こう撞こうと思っている人はグリップの位置も高く、フォローショットの時に上から叩いていることが多いです。

下から撞き上げる意識でちょうどいいくらいだと思います。

うまくいけばきれいなフォロースピンがかかり、手球のアクションが大きく速くなっていきます。


4.練習パターンについて

基本的なところでは、「後追いスクラッチ」の練習が目に見えてわかりやすいので初心者にはおすすめです。

手球と的球、ポケットを一直線に並べて、フォローショットします。

的球をポケットし、後を追うようにして手球をスクラッチさせることができれば成功です。

それぞれの球の距離は、自分の実力に合わせて徐々に広げていけばいいです。

センターショットの配置でスクラッチできればまずまずといったところではないでしょうか。

中級者には、センターショットの配置で手球をセンター側に球1、2個分ずらしてフォローショットをし、短クッションに一回入れて手前の短クッションまで手球を戻す練習をしてほしいです。

実戦ではそこまで押しを効かす機会はそんなにないと思いますが、これができるようにしておくと広くビリヤード台を使ったポジショニングを考えることができるので、是非やってみてください。

いかがだったでしょうか。

考え方を理解し、適切な練習を繰り返していけば、フォローショットは確実に上達していきます。

これはビリヤードに限らずすべてのスポーツに共通することですが、考えて実行、の繰り返しが上達の近道ですので、うまくいかなくても腐らないで徐々にレベルアップしていきましょう。