ビリヤードのショットの中で、あまり使う頻度はないかもしれませんが、カーブの打ち方をご紹介します。

手玉の軌道を考えるうえでも、今回のカーブの打ち方を知っておいて、損はないと思います。カーブの打ち方を知り、ビリヤードの攻め方の一つに加えてください。





1.ビリヤードのカーブの打ち方

ビリヤードでは、撞点がありまして、手玉の右側を撞けば、左側に。左側を撞けば、右側に、手玉は曲がっていきます。もちろん、キューの角度、撞く力加減によって、全く違います。

キューの角度を高くすると、より強く曲がり、力加減も強く突けば、マッセのように弧を描くようになります。

撞くポイントも、左右にタップ1個分にするのと、1個半にするのとまったく変わりますので、どのくらい曲がるかは、練習でいろいろ試してみて、確認してみてください。


2.ビリヤードのカーブの使い所

マッセほど、曲がる球は、あまり使わなくても、ちょっと曲がる球は使う時はあります。

例えば、テーブルの長い距離を撞くときの打ち方は、タップ1個半ずらして、撞けば、手玉半分は、ずれますよ。

僕の場合ですが、厚みがかなり薄いショットが必要になり、更に、距離がある時とか、すごく薄く邪魔な他のボールが軌道上にある時に、使ったりしますね。

短いクッションに、ぴったりとひっつき、クッションに沿って、的球を走らせる必要があるときは、カーブでショットします。

すると、的球もクッションに沿うように回転するので、結構な確率で入るのです。

ただし、角度と力加減を間違えば、的球に当たらず、ファウルとなりますので、何回も練習を重ねる必要があります。


2.ビリヤードのカーブのまとめ

大事なのは、自分のショットの軌道がどう動くか、ビリヤードの練習の時に、しっかりと打ち方を確認することです。

真っ直ぐ撞くことは、一番大事ですが、真っ直ぐだけではなくて、ちょっと変えた柔らかい頭でゲームを立てることも大事ですよ。

そうすることで、いろんな攻めが出来、ビリヤードがより楽しくなると思います。練習を積み重ね、柔らかい頭で、楽しく、ドキドキなビリヤードを撞いてください。