ビリヤードの特にナインボールでは、最初にキューボールが当たる球が決められています。

そんな時に大きな助けになるコンビネーションショットについて練習方法を見ていきましょう。


1.コンビネーションショットとは?

コンビネーションショットとは、2つ以上の的球を使い、撞いていくショットです。

特にビリヤードの中のナインボールというゲームでは、キューボールが最初に当てるべき的球が順番に決められています。




しかしながら、キューボールが決められた的球に当たった後は、他の的球をポケットに入れることも認められています。

例えば、最初に当てるべき的球を第1的球、その後に当たる的球を第2的球とします。

キューボール、第1的球、第2的球、ポケットと並んでいる場合、キューボールを第1的球に当てても、第2的球がポケットの前にあるために、第1的球をポケットに入れることは難しいでしょう。

しかしながら、第1的球を第2的球に当てて、第2的球をポケットに入れることで自分が撞く番を保持できるのです。

このショットやその狙い方をコンビネーションショットといいます。

コンビネーションショットは、3つ以上の的球でもあり得ます。

第1的球と第2的球がくっついている場合でも、起こり得ます。

コンビネーションショットは、難易度の高いショットですが、第1的球と第2的球がくっついている場合には、挑戦しやすくなります。


2.難易度を低くして練習する

ビリヤードのゲーム中、コンビネーションショットを利用できるチャンスはあるか分かりません。

リスクも高くなるかもしれません。

けれども知っているのと知らないのでは、雲泥の違いです。

上達にも影響します。

徹底的に練習するまではいかなくても、少し時間が空いたときにコンビネーションショットの練習もしておきましょう。

まずはポケットと、第1的球、第2的球の距離を短くすると、成功しやすいです。

第1的球と第2的球がくっついている状態から始めても構いません。

第2的球をポケットに入れるということは、第1的球をキューボールの代わりに第2的球のイマジナリーボールの位置に運ばなければなりません。

ここでも実際はないけれどもある想像のイマジナリーボールのマスターが基本条件です。

様々な角度で試してみましょう。

ここはストイックになりすぎず、楽しむくらいでいいと思います。

キューボールをこう撞いたら、ボールはこう動いた、というボールの動きを知るいいチャンスにもなるでしょう。

反復練習も大切ですが、少し息抜きのようなコンビネーションショットの練習をすることも大切です。

ブリッジ、グリップ、ストローク、スタンスなどの基本的なポイントも思い出しながらやってみます。

リラックスして撞く時間も持てると、他の練習にも良い影響が与えられ、上達に近づくはずです。