ビリヤードのゲームでは、ボールを撞く順番を決める方法をバンキングといいます。

バンキングの上達には基本事項のマスターが欠かせません。

こちらでは、バンキングについてとその上達方法を考えます。


1.バンキングとは?

ビリヤードのゲームでは、先攻、後攻を決める際にバンキングという方法を利用します。

バンキングで先攻に決まったら、ブレイクができることになります。

まずヘッドライン側にプレイヤー二人が立ちます。

ヘッドライン内のスペースの好きなところにそれぞれボールを置きます。




反対側のフットレール側に撞きますが、ヘッドライン側にボールを戻さなければなりません。

ヘッドライン側により近いプレイヤーが先攻か後攻か選択することができます。

ボールについては、両方のプレイヤーがキューボールを使用できたら一番いいです。

しかしながら、無理であれば、公平を期すために的球を使用することが多いです。

二人のプレイヤーが並んで撞きますが、同時に撞いても相手の様子を見てから撞いても構いません。

プレッシャーに弱い、ということなら、同時に撞いた方がいいでしょう。

バンキングは、ビリヤードの基本的なポイントが随所に盛り込まれています。

バンキングを練習するだけでも、上達につながります。


2.バンキングは重要ポイントを押さえれば容易にできる

ビリヤードのバンキングは、言ってみれば、テーブルの端から反対側の端に向かってまっすぐにボールを撞き、スタートしたところにできるだけ近いように戻す、ということですよね。

ここで大切なのは、ボールがまっすぐに撞けること、そして力加減です。

ボールの真ん中を撞き、まっすぐに戻すためには、ブリッジ、グリップ、ストローク、スタンスと様々な基本的なポイントがマスターできていなければなりません。

右利きの人ならキューの先を支える左手のブリッジは、ボールの真ん中を撞ける高さに調節します。

右手のグリップでストロークの確認もします。

キューはいつもテーブルと平行になっているでしょうか。

分かりにくければ、鏡で確かめてみましょう。

スタンスも今一度、確認しておきます。

体はリラックスして撞けていますか。

ここまで調整できれば、一度ボールを撞きます。

現時点では、力加減よりもまっすぐ撞けているかということを重視します。


3.まっすぐ撞けたら次は力加減の調節を

基本的なポイントがマスターでき、まっすぐ撞けるようになったら、力加減について考えます。

これは一度ボールを撞いてみてから、調節をすればいいでしょう。

ただしボールの進み具合というのは、テーブルによっても異なります。

様々なテーブルで普段からプレイし、予測が立てられるようになれるといいですよね。

ボールにパワーをこめるためには、キューの動きを早くして撞いたり、撞く前に引くキューの距離を長くします。

自分に合ったバンキングの方法を探してくださいね。

バンキングの上達は、ビリヤードの上達に直結しているのです。