よく、ゴルフ中継とかを見ていると、プロのアプローチで、バックスピンがかかった球がキュルキュルと戻る光景を目にしますよね。

ビリヤードでも、あんな風に戻れば、さぞかし気持ちがいいものです。今回、そのバックスピンのコツをご紹介しますので、是非、練習で試してみてください。


1.どうして手玉が戻ってくるのか

ボールが進む方向と逆の回転を与えた手玉は、そのまま、どこかにあたると、その回転のまま進むようになります。




クッションに跳ね返るのとは、また違って、逆の回転が、正の回転となるのです。

ということは、どれだけ回転を与えるかで、手玉があたった瞬間に、戻ってくる距離となるんです。


2.どうすれば、強く戻ってくる?

まずは、逆の回転を与えることが必要です。それには、撞くポイントを中心より、真下を撞くことです。

だいたいタップ1個分を目安に、いろいろ代えて、練習して、どこを撞けばより戻ってくるか把握しておいてください。

一番、戻ってくる距離が長い所が、一番、回転を与えられる撞点です。つぎに、角度ですが、基本はテーブルと平行が一番いいと言われています。

角度を上げると、確実な撞点を撞くことが難しくなり、真っ直ぐ、的球に当たりにくくなります。

そのために、撞点を下げた分だけ、ブリッジを下げて、フォロースルーを忘れずに、撞くようにしてください。

この2点に注意して、後は、腕の振り幅を変えて、力加減を替えましょう。


2.バックスピンのまとめ

大事なのは、撞点を確実に下の部分で撞くこと、そして、キュースピードを速めにし、フォロースルーを長めにとることで、しっかりと回転を与えることが出来ます。

的玉までの距離でも、力加減は変わります。長ければ長いほど、バックスピンをかけるには難しくなります。なんども、練習で、バックスピンの感覚を極め、手玉の位置を把握してください。

短いクッションに向かって、まっすぐ撞き、真っ直ぐ戻ってきた球が、キューの先のタップにあたれば確実なショットをしているということです。

そうすることで、いろんな攻めが出来、ビリヤードがより楽しくなると思います。練習を積み重ね、柔らかい頭で、楽しく、ドキドキなビリヤードを撞いてください。