ビリヤードでは、的球をポケットに入れるだけではなく、キューボールをコントロールしていくことが必要になります。

今回は、キューボールを手前に引いてコントロールする方法、直引きを取り上げます。


1.直引きとは?

直引きとは、キューボールの下の方を撞いて引く動きをさせることで、ポジションをとろうとすることを指します。

キューボールの下の方を撞くショットは、引き球、英語ではscreawbackともいいますね。





2.まずはストレートショットで直引きをマスターする

ビリヤードのゲーム中、ストレートショットに出会う確率は多いとはいえません。

しかしながら、ストレートショットでうまく直引きできなければ、角度のある配置でもすることはできません。

ですからまずは、キューボールと的球を自分の手首とひじの距離にしてストレートショットで撞く練習をします。

キューボールの真ん中より少し下では、ストップショットになってしまいますから、しっかりと下の方を撞いてください。

キューボールを時計に見立てると、6時のところになります。

テーブルにキューが当たってしまいそう、と心配になるかもしれませんが、まずは思い切って下の方を撞いてみます。

ブリッジは低めにし、キューをビリヤードテーブルと平行にするのがポイントです。

右利きのプレイヤーなら、右ひじの高さが低めになるよう、調節します。

グリップやブリッジの位置を移動させてもいいですね。

鏡などで確認すると、分かりやすいです。

キューはしっかりと引き、速いキュースピードで撞きます。

キューとキューボールがうまくかみ合うことを意識してください。

どれだけの距離で直引きしたいのか、撞く前に決めておきます。

ボール2つ分、3つ分など調節しながら、区別して撞けるようになるまで練習します。

直引きが上達すると、ゲーム中のボールコントロールに幅ができますし、何よりビリヤードの面白さが一段と増すことでしょう。


3.角度のある配置で練習する

ストレートショットで直引きが自信を持ってできるようになったら、次は角度のある配置に移ります。

角度は3/4とハーフボールの間にしましょう。

これは、ビリヤードテーブル全体をカバーできる角度だといわれていて、練習では重宝します。

キューボールと的球の距離は、自分の手首とひじの距離です。

キューボールの6時のところを撞きますが、キューボールをどれだけの距離戻したいかということを、撞く時にも区別して撞いていきます。

撞く時にキューを引く距離、スピードで調節してみましょう。

直引きにすると、キューボールが戻ってくる動きがよく分かるでしょう。

直引きがマスターできれば、キューボールのコントロール方法がまた1つ増えたわけですから、上達したといえますね。

自信がつくまで練習し、ゲームでも是非利用してほしい直引きです。