ひねりとは横の撞点ですが、縦の撞点(押し引き)についても重要なことを書いています。

うまくヒネリができない、押せない、引けない、ひねると球が入らないという方は必見ですので読んで、ひねりの練習に役立ててください。


1. ひねりってなんなの?

ビリヤードを続けていく上で、必ず、必要になるのが、ひねりというテクニックです。

手玉の中心ポイントから左右にずれたポイントを撞いて、手玉に横回転を与えることです。

手玉の左右のポイントを撞くことで、手球がクッションに接触したとき、跳ね返る角度に横回転の影響があります。




例えば、クッションに向かって、真っ直ぐ直角で撞くとき、手玉の中心を撞くと、手球は真っ直ぐ戻ってきます。バンキングの時がそうですよね。

しかし、手玉の中心から右側を撞くと、手玉は右側に、左側を、撞くと左側に跳ね返ってくるのです。これが、ひねりです。


2. なんでひねりが難しいの?

ビリヤードのひねりは、なんで難しいのかというと、とび、カーブ、スロウという3つの現象があります。

とび ・・・ 横回転を手玉に与えると、球のコースも中心を撞くときよりも、回転する側にずれていく現象

カーブ ・・・ 球の勢いが、落ちてきたとき、回転する側に曲がって、微妙に止まる位置が変わる現象

スロウ ・・・ 手玉と、的玉が接触した際に、手玉の回転の力が、的玉に伝わることで、的玉が回転し、軌道がすこしずれる現象

この現象は、軌道がずれるのがポイントですが、このずれは、キューの質、テーブルの質、撞く位置、撞く力でかなり変化するのです。

理屈ではなかなか説明できないのが、このひねりです。


3. じゃぁどうすれば上手くなるの?

上達させるには、自分の感覚を養うほかありません。ひねりの練習あるのみです。先ほどの説明でもあったように、理屈ではなかなか説明できないほど、奥が深いのです。

その中で、自分の確認という意味も含めて、ビリヤードのひねりの練習方法を説明します。

バンキングの練習を、短い距離でやってみましょう。まずは、短い距離でバンキングをして、同じ位置に返す練習です。これで、同じ力でショットする技術を確認します。

それが出来たら、手玉の中心から、タップ1個分だけ、左右にずらして、先ほどと同じ力でバンキングショットをショットし、どのくらい曲がるか、戻ってくる位置で確認します。

次に、角度の違いも確認しましょう。45°の角度で、ショットします。先ほどと一緒に、中心を撞いて、普通の角度で跳ね返る位置を確認します。その後、左右にずらし、同じ力でショットし、どこに跳ね返るのかを確認します。

このように、撞く点のコントロール。ショットの撞く力のコントロール。この正確性が大事なのです。

ひねりを使ったショットがうまくいかなかったとき、そのショットの何が悪かったのかを確認する必要があります。

撞く位置が違ったのか。それとも、ショットの力が違ったのか。ひねりのイメージが違ったのか。

今のショットの何が、いけなっかたのか、失敗の原因を考えることも、ひねりの練習ですので、ワンショットを大事にしてください。