ビリヤードの厚みとは、ポケットから的玉。的玉から手玉の2つの直線の角度から、手玉と的玉の重なりを想像、その重なり具合を言います。

これは、非常に大事な所で、理解できないと、一生ポケットに入りません。厚みの練習方法をご紹介しますので、読んでみてください。


1.初心者の内の最初の練習


1.基本的な厚みの考え方

ビリヤードの球を狙うときのやりかたは、まず、手球の後ろから的玉をみて、 およその狙う場所に対して、頭の中でラインをイメージしてください。

つぎに、的玉の後ろに回り、ポケットの方向を確認しながら、また、頭の中で。ラインをイメージし 、最初のラインとの接点を確認します。




そして、その接点上に手玉のイメージをしてください。イメージ通りにいくと、的玉はイメージしたラインを走り、ポケットに入ります。

単純な話ですが、どうしても入らないならイメージボールを実際においてみたりして、厚みを眺めたりするのも良い練習になります。

厚みをいくら理解できても、ショットが狙い通りに行かなければ、ポケットは出来ません。

まずは、フォームを固めることが先決ですので、そちらを優先して練習してください。


2.厚みを意識した練習方法

ある程度、フォームが定まってきたようであれば、こちらの練習を試してみてください。

狙い方を少し変え、まずは、今までも、厚みの重なり具合で見ていた狙いを、少し手前にして狙ってください。

正面に当てる場合は一個分手前、球1/2は 球半分ほど手前、球の端は的玉と横並びです。

厚みの微調整をするときも、単に横にずらすだけではなく、 前後にも狙い点を動かすイメージで、厚みを調整します。

するとそれまでの厚みのイメージが、立体的に感じ、 的玉の接点がイメージできるようになります。 これがイメージボールといいます。

安心してください!上級者でもなかなかイメージボールが見える人は少ないですよ。実際にボールを置いて厚みのイメージを練習することも大事です。


2.厚みが見えても入らない理由


1.ブリッジの位置がずれている・・・

ショットする時に、やみくもにブリッジの手を置いてショットしていませんか?

意外と、ずれていますよ。特に、慣れたなという中級者の方にありがちなミスです。

最初に、ラインをイメージし、厚みもイメージ出来たら、キューをその延長線上に構えます。

そして、そのキューをずらさないように、ブリッジを置いていくのです。

せっかく、イメージ出来ても、キューをそのラインに構ええることが難しいのです。


2.ブリッジの向きがずれている・・・

ブリッジは、もう一つ確認しなければならないことがあります。

それは、ブリッジの向きです。これがずれていたら入るものも入らないので、チェックしてみてください。

無意識に、手首が曲がって、内側に入ってしまっている方がいます。それだと、真っ直ぐキューを出すことは難しいので、向きをチェックして直しましょう。


3.なぜなのか考えることが大事!

いきなり、遠い所からのショットで練習するのではなくて、近い距離から練習しましょう。

遠い距離よりも、近い距離の方が、厚みを理解する練習に持って来いでなのです。短い距離と、30°60°90°と基本の角度を練習し、なぜ、入らないのか。

厚みがわからなくて外したのか。イメージ通りに手玉を運べなくて外したのか。そこを自分なりに分析しながら、ビリヤードの厚みの練習するようにしましょう。