ビリヤードの初心者、中級者で多い声が、シュート力が上がらないというものです。

狙い点を作ったり手球と的球の接点を意識したり、いろいろ試しているけどなかなか上達しない。

そんなプレーヤーはまず基本練習から徹底していきましょう。


1. シュート力を上げる前提とは

まずシュート力を上達させる大前提として、厚みが取れる球は絶対に入れるという気持ちが必要です。

いきなり根性論?と思われる方もいると思いますが、曖昧なままこの辺だろうという気持ちでショットをして、結果的にポケットできたとしてもシュート力の向上には繋がりません。

ポケットできなくてもしっかり狙いをつけていれば、どこが違ったのか振り返って練習で克服することができます。





2. ストレートラインでの練習

ここからは具体的な練習方法となります。

自分のレベルに合わせて手球と的球とポケットが一直線になる配置をセットして、ストップショットを撞きましょう。

ストップショットとは、手球が的球に当たったあとピタッと止まるショットのことです。

撞点は手球と的球の距離により変わりますが、真ん中より下を撞きます。

ポケットできてもピタッと止まらずに左右にずれる場合は、手球が出る方向に対して真っ直ぐ構えられていないか、キューが真っ直ぐ振れていないために撞点がずれているかしているので、自分で修正していきましょう。

自分の中で、「この距離ならもう大丈夫」と思ったら徐々に手球と的球の距離を離していきましょう。

対角線上のコーナーポケットの手前に手球と的球を置いた状態が最も離れた距離なので、この配置でストップショットができたらシュート力は格段に上がっていることでしょう。


3. フリのあるショットの練習

手球と的球とポケットが一直線上にない、いわゆるフリのある球は、初心者には難しく感じられるものです。

背伸びをしないで、近い距離の配置で球半個分ずらした程度のフリから練習していきましょう。

ストップショットの力加減と撞点を意識しながら撞くと、シュート力の向上と共に手球の動きの勉強にもなるはずです。

慣れてきたら、球1個分、1.5個分と徐々にフリを大きくして厚みの薄い配置にも挑戦しましょう。

左右反転して、同様にフリをつけてポケットしていきましょう。

一定の距離でかなりの確率でポケットできるようになったら、また手球と的球の距離を徐々に離してトライしてみましょう。


4. 苦手なフリを克服しよう

ビリヤードをしているうちに、どうしてもシュート率が悪い配置が出てくると思います。

何度同じフリを練習してもポケット率が悪く、イライラしてその日の練習がつまらなくなってしまうものです。

そんなときは思いきって、イメージボールの場所に実際に球を置いてみて、構えたときにどう見えるか試してみましょう。

イメージボールとは、ポケットから的球に直線を引いたときの的球の真後ろにある仮想のボールのことで、ここに手球が来ればポケットできる場所のことです。

また、イメージボールと台が接する点をイマジナリーポイントといい、ショット時の1つの目安となる点です。

イマジナリーポイントにチョークを塗ってそこに手球を運べればいいのですが、大体のお店ではそれをやると怒られてしまいます。

そこで、イメージボールの登場となります。

実際に構えてみて、今まで自分が狙っていた厚みとどれだけ違うのかを認識することが大事です。

一緒に撞いている人がいれば、イメージボールを置いたままストロークをして、ショットする前にボールをどかしてもらう方法が良いと思います。

一人で練習している方はそのままイメージボールに向けて手球を撞き、ポケットできる感覚を身に付けてください。

いかがでしたでしょうか。

他にもいろいろな練習方法があると思いますが、シュート力は反復して練習していくことが上達のポイントだと思います。

また、一人でビリヤードの練習をしていて、どうしてもわからないことが出てきたら、迷わず店員さんに声をかけて見てもらうのもいいと思います。