ビリヤードで、次のショットを考えて、撞くことは非常に大事な要素です。

これが、出来れば、いろいろな状況が楽になり、ビリヤードの楽しさも膨らんでくることでしょう。

今回は、その次のネクスト(ポジション)を考えることをご説明します。


1. ポジションを考えなければ。

ビリヤードにおいて、上手い方が、1回もチェンジせず、簡単なショットを連続してポケットしていく姿をみたことがあると思います。




これは、運がよく、簡単なショットが連続であった訳ではなくて、そうなるような状況にしているのです。

その状況を作ることがポジションを考えることとなります。

ポジションを考えることは、ナインボールに限らず、ビリヤードゲームにおいては、上達への必須条件となります。

上級者でも、厚みの薄い、ショットなど、スリークッションなどになれば、ショットの難易度は上がりますので、そこで、上級者の人は、そのショットの難易度が低くなるように、手玉のポジションをコントロールするのです。

いわゆるネクストや、出しとか言われるものです。もし、何も考えずにショットをするとなると、その連続で簡単な配置になるというのはよっぽどの強運です。

まず、そんなことはないでしょう。


2. ポジション(ネクスト)の練習

ポジションを考えるときに、重要なのは、手玉の軌道をイメージすることが一番になります。

ショットの力加減であったり、撞くポイントによる動きであったり、自分がどう撞けば、手玉がどう動くか、把握する必要があります。

それは、大雑把な把握でも構いません。後は、ショットのイメージが出来たら、それに自分が合わせてショットをすることも大事です。それには、基本を知り、練習を積み重ねるしかないでしょう。

簡単な練習方法は、2個、的玉を並べます。1つは真っ直ぐポケットに向けて撞けばいい玉。角度は特にこだわりません。

もう1つは、他のポケットの近くに的玉を置き、1つ目を落とした時に、2つ目の玉の近くに手玉が近くに寄るように、ショットをする練習を重ねてみましょう。

最初は、簡単な位置から、慣れてくれば、他のポケットに変えたり、2クッション、3クッションとしなければ、届かない位置にしたり、変えてみるのもいいと思います。


3. ポジションを考えることのまとめ

大事なのは、イメージを膨らませることと、自分のショットの正確性です。

自分のショットが正確でないと、せっかく、良い感じにイメージを膨らませても、そのとおりになりません。ショットの練習は、必ず、行うようにしましょう。