ビリヤードの球の配置を意識することは、ネクストを考える上で、非常に大事です。

一つのネクストのパターンも、何種類も考えられるので、失敗しにくい球筋を選ばなければなりません。

今回、そのネクストの考え方と配置の関係を、ご紹介しますので、練習の参考にしてください。


1. ビリヤードにおけるネクストの考え方

ビリヤードのネクストの考え方の基本は、失敗しにくい球筋を選ぶことでしょう。

この、「失敗しにくい考え方」をマスターするには、練習とゲームの積み重ねと、基本を知ることが不可欠です。




つぎの、3つの内容を基本として、ネクストを考えるようにしてみてください。

1.まず転がすネクストのラインを考える
2.シュートラインを横切らないネクストを考える
3.捻らないと手球はどう走るのかを考える

これを、基本で、考えると失敗しにくいネクストへ繋がります。

例えば、8番がテーブルの真ん中にあって、フリーボールとし、9番が左上コーナーポケットの手前にあるとします。

8番をコーナーポケットに狙わず、サイドポケットに狙うようになると思います。

ただし、サイドポケットでも、フリーボールなので、上下どちらでも狙えます。

上のポケットに狙う場合は、9番が左上にありますから、撞点は上、押し球になりますが、下のポケットに狙う場合は、引き戻す必要がありますから、撞点は下、引き球となります。

そこで、道が分かれるのです。失敗が少ない方を考える基本を行うと、選択肢は押し玉となるのです。

上の撞点は、ただ転がすだけなら、力加減だけの問題ですが、力加減も、手球を少し前に転がすというだけであれば、大きくズレることは少ないでしょう。

しかし、下の撞点は考えることが多いのです。キュースピードの影響も大きく、撞点が少しズレれば引き加減は変わってしまいます。

ですので、この場合は、押し玉で撞くネクストを選択したほうが失敗の確率が低いのです。


2. シュートラインを考える

シュートラインを横切るようなネクストではなく、シュートラインの上を手球が走るようなネクストを選択することで、多少の力加減のミスを吸収してくれます。


3. カーブが出るということを認識する

ビリヤードゲームをしていて、実際に、手玉を撞くと、玉の回転によって、手玉が弧を描き進んでいくことがあります。

撞くポイントや、配置によってカーブする訳ですが、これをイメージすることが大事です。

横回転が加わることで、クッションからの角度など変わったりしますので、横回転を与えないことが大事ですが、練習をして、自分の撞いた球がどう動くか把握することに注意してください。

完璧なネクストは無理に等しいので、確率で、簡単になる方を選んでショットしてください。