ビリヤードを始めたら上達したいと思うのは、誰しも同じですが、いつもビリヤード場に通うわけにもいかないでしょう。

ここでは、自宅でできる上達のための練習方法をご紹介します。


1.キューを肌身離さず過ごす

ビリヤードをする際に、常に自分と一緒なのがキュー。

これがなければ、ボールを打つことができません。

まさに一心同体、自分の分身のようになってくれるものです。

自宅にいる時は、できる限りキューを握って持ち歩きます。

立てて持つときは、キューの先、ティップの付いている方を上にしましょう。




キューを寝かせて少し動かせるくらいのスペースでは、キューを前後に動かします。

体を前方に倒す必要はありません。

これをすることで、キューにより慣れることができ、キューのどこを握ればバランスよくキューを扱えるのかが分かるようになります。

キューの重みもうまく感じられ、心地よくなります。

全ては、キューが教えてくれるのです。


2.全ての基本はストレートショット

ビリヤードのゲーム中、ストレートショットに出会う確率は多いとはいえません。

しかしながら、どんなに角度のついたボールであっても、そのボールのストレートショットがどんなものであるか分からなければ、入れることはできません。

ストレートショットを自宅で練習するには、まずキューを真っ直ぐ動かす練習が一番です。

用意するのは、中味が空いた500mlのペットボトルや瓶。

それをテーブルと同じくらいの高さの台に寝かせて置きます。

口は自分の方に向けてください。

あとは、ストレートショットのボールを打つようにキューを前後に動かします。

慣れないと、ペットボトルや瓶の口にキューが当たってスムーズにいきません。

スタンスやブリッジの調整をしながら、キューがスムーズに動くようにしていきます。

慣れてくれば、シュッシュッとリズムよくできるようになるでしょう。

キューはしっかり中まで入るようにします。

必ず、ボールを打つときのように、キューを2~3回前後に動かしてから、後ろ側でポーズした後打つようにします。

ペットボトルや瓶を打っていても、ボールを打つときのように練習することで、テーブルでのプレイにつながってきます。

目標は100回ですよ。

1日何度でも、体がストレートショットを打つ体になるまでしてみてください。


3.イメージトレーニングをする

自宅でテーブルなしで練習することとともに、せっかくですからイメージトレーニングもしておきましょう。

好きなビリヤード選手はいますか?

昨今では動画投稿サイトYouTubeでも、ビリヤードの試合や練習風景が数多く投稿されています。

リズムよくキューを動かしてボールを打つ、選手のキューの動き、スタンスを見てみましょう。

全てを鵜呑みにして真似する必要は全くありません。

いつでも同じ動きでボールを打つことが大切なのです。

ルーティーンの徹底ですね。

自分がプレイしているのを想像しながら、見てみましょう。

動画を見たら、必ず、キューを握り、素振りをする練習に戻りましょう。

想像を実践につなげることが大切です。