けたたましい音とともにビリヤード台のあちこちに飛び散りポケットされていく的球。

強烈なブレイクショットはポケットビリヤードでは大きな武器になります。

上手い人の見よう見まねでアクションを大きくしても手球はコロコロ、などという初心者も多いことでしょう。

ブレイクショットが上達する撞き方にはコツと根気がいります。


1. 手球に力を伝えるには

やみくもに力いっぱいキューを振っても良いブレイクショットは撞けません。

まずは、体重移動などせずに通常のショットでハードに割る練習をしましょう。




9ボールなどひし形のラックの競技はサイド(レール際)からが有効ですが、まずはヘッドスポット付近のセンターからショットしましょう。

撞点は芯でいいと思います。なるべくキューは台と水平にストロークして、先頭の的球に100%の厚みでショットしましょう。

手球はラックを組んである的球の重みで台の中央側へ跳ね返るので、少し押し球気味のイメージで撞きます。

グリップ側の腕や手首に力を入れず、スピードを意識して振り抜くように心がけてください。

的球に当たった後、手球が左右にずれて割れていくようだと、厚みがずれているか撞点がずれているかのどちらかです。

ぶれずに真っすぐ的球にヒットすることが良いブレイクショットの第一条件となるので、基礎の反復は大事です。

真っすぐ振り抜けるよう練習してください。


2. 体重移動の練習

体重移動させて撞くブレイクショットは、ショットタイミングとインパクト時にどれだけキュー先に体重を乗せていけるかが成否の分かれ目となります。

体重移動のタイミングについてはやはり人それぞれ違うので、ひたすら反復して覚えていくほかありません。

ただ、体重移動し終わり上体が伸びきった時点でインパクトをしても手球に体重は乗っていきません。

インパクトの瞬間までは上体を起こさず、しっかりと手球を捉えることに主眼を置いたほうが良いと思います。

一番体重の乗る地点をフォロースルーに求めて、キューを出すことを心がけましょう。

また、どうしても力が入ってしまいがちになる人は、「絶対にヘッドアップしない」ことを自分の課題にしてください。

ヘッドアップの原因は力みなので、ヘッドアップさえしなければ余計な力が入ることもありません。

そして、意外と忘れられがちなのがブリッジを作るほうの腕についてです。

キュースピードが速く、なおかつそれをショットの力に持っていくためには、ブリッジ側の肘をなるべく動かさないようにして体重移動してくる体の力を受け止めてあげると、重心が残ってインパクト後により力を伝えることができます。


回数をこなす

ブレイクショットの練習で面倒なのが、ショット後にいちいちラックを組みなおさなければならないことです。

ショット後の割れ方などを気にせずに、体重移動の練習などとにかく回数をこなしたいという人は、ラックを立てる位置にぶ厚い週刊少年漫画誌を置くのがいいと思います。

毎回組みなおすストレスは減るし、時間の短縮にもなり一石二鳥なのでおすすめの対策です。

ビリヤード場の店員さんに一言ことわってから練習しましょう。

いかがだったでしょうか。

強いブレイクショットを撞くには、とにかく回数をこなして体に染み込ませることが必要です。

たくさん練習してコツをつかんでブレイクショットも上達していきましょう。