ビリヤードゲームの中で、ローテーションは古くからあるゲームの一つで、ナインボールに近いものがあり、これも基本的な実力差があると勝てないゲームです。

そのローテーションのルールをご紹介しますので、読んでみてください。


1.ローテーションってどんなゲーム?

まずは、ビリヤードゲームのローテーションがどんなゲームなのか説明します。




テーブル上にある、一番小さい的玉から狙わなくてはいけないという部分は、ナインボールと同様です。1番から15番までのボールを使い、ナインボールと違うのは、勝敗の所ですが、ローテーションはポケットした玉の数をカウントしていきます。

そして、カウントした点数が、規定値に早く達した方が勝ちということになります。


2.ローテーションゲームの流れ

ビリヤードのローテーションの先攻・後攻はブレイクショットで決めてください。

先攻のプレイヤーが、ブレイクショットをした後、一つでもポケットに入れば、そのまま続行し、入らなければ、プレイヤーの交代となります。

交代してからは、プレイヤーは、ポケットする位置と的玉をコールしてショットしなければなりません。

そして、カウントした点数が、先に規定値に達した時点で、達したプレイヤーの勝ちということになります。


3.ローテーションの独自ルール

ローテーションにも、独自のルールがありますので、そのルールを下にまとめました。


1.コールショットをしなければならない

ブレイクショット以外のショットは、常に、狙うポケット、そして、的玉をコールしてショットしなければなりません。

狙う場所がなくなった場合も、セーフティと宣言して、ショットするのです。


2.プッシュアウトができること

ブレイクショットをした時に、あまりにも有利でないなと思える、配置になったときは、プッシュアウトを宣言することが出来ます。

プッシュアウトを宣言したら、その時は、フリーボールで再開することが出来、そのまま自分でショットしてもいいし、相手にパスすることも出来ます。

プッシュアウトの時に、何かほかの球が入った場合、その球はフットスポットに戻されゲーム再開します。

その他の基本的なルールは、適用して行います。

ローテーションも、最初に小さい番号を狙うので、実力に差があれば、勝敗にかなり左右されます。

基本練習はもちろんのこと、ビリヤードのローテーションを意識した練習はやっていきましょう。

そうすることで、自ずと勝利していくことになります。

モチベーションも大事ですので、あまりにも差があれば、規定値にハンディを付けて勝負したらいいですよ。