ナインボールはポケットビリヤードのなかで最もポピュラーなゲームといえます。

遊び方を覚えてみんなで上達していきましょう。


1. 基本ルール

ここでは、これをおさえておけば最低限ナインボールを楽しめるという、基本的な遊び方を紹介します。

使うボールは白い手球と1~9の数字が書いてある色の付いた的球の計10個です。
始めに的球をひし形にラックします。

1ボールをフットスポットに、真ん中に9を配置して、あとのボールに並べ順はありません。




なるべくすべての球が互いにくっついている状態が理想です。

そして、ラックとは反対側の台の1/4のエリアの任意の場所からブレイクショットを撞きます。

狙う的球は、一番小さい数字のボールです。ブレイクショットの場合は先頭の1ボールです。

その結果、いずれかの的球がポケットインしたら続けて撞くことができますが、9が入ったらブレイクエースといいその時点で他に的球があってもゲームは終了です。

ポケットができなかった、またはファールをしたら相手と交代です。最終的に9ボールを入れた方が勝ちです。

ファールには以下のものがあります。

・一番小さい数字に始めにあたらない。
・手球がポケットしてしまう(スクラッチと呼びます)。
・プレー中にキュー先のタップ以外のところにいずれかのボールが触れる。
・もちろん体が触れてもファールとなります。
・長い髪の毛やアクセサリーが触れてもファールの対象になります。
・一度のショットで二度撞いてしまう(二度撞き)。
・手球がテーブルから飛び出す。
・両足が床から離れる。

他にもファールはありますが、はじめから細かくファールを取っていくとビリヤードが面白くなくなってしまうので、プレーをするなかで上級者から学んでいけばいいと思います。


2. バリエーション

通常ナインボールは最小番号から順にポケットしていきますが、ビリヤード初心者のうちは難しいものです。

そこで、初心者のために考案されたネオナインボールというゲームがあります。

これは、最後に9ボールを入れるのは通常のナインボールとおなじですが、それまではどのボールをポケットしてもよいというものです。

これならば邪魔な的球にストレスを感じることなく上達し、ポケットし続ける楽しさを味わえます。

また、2対2のペアマッチや、ルールはナインボールと同じで的球の数を減らしてみるなど、工夫次第で遊び方を変えることができます。

いかがだったでしょうか。

ここに載っている以外にもナインボールの遊び方はまだまだあります。

友人とビリヤード場に出掛けて、店員さんに聞いてみるのもいいかもしれませんね。