ビリヤードにナインボールというゲームがあり、ご存じのかたも多いと思います。

このゲームのスタートになるのがブレイクショット。

ゲームの鍵を握るともいえるブレイクショットの上達法について、ここでは考えてみます。


1.ナインボールとは

ビリヤードのナインボールでは、9つの的球、1つのキューボールを使用します。

上から1、2、3、2、1列の順に並べていき、ブレイクショットをする側の頂点に1番のボールを置きます。

3列並んでいる列の真ん中は、9番のボールです。

それ以外は、どのボールをどの列に置いても構いません。




ゲームはブレイクショットから始まります。

ナインボールのゲームは、9番のボールをポケットに入れたら勝ちです。

ブレイクショットでもゲームの途中でも9番のボールを入れたら勝ち負けが決まるので、単純で誰にでもわかりやすく、世界中で人気のゲームです。


2.ブレイクショットをする時のキューボールの位置は?

ブレイクショットでは、必ず手前にある1番のボールを撞いてから、キューボールも含めて4個以上のボールがクッションに当たらなければファウルを取られてしまいます。

ですから、ある程度のパワーをこめてブレイクショットをする必要がありますし、そのための練習が上達につながります。

まずキューボールをどこに置いて、1番のボールに向けて撞くかというのは、プレーヤーの好みでいいと思います。

左右どちらかにずらした方がいいとはいいますが、自分の癖を見極めて決めたらいいでしょう。

そのためには、ブレイクショットを自分で何度も試してみることです。

的球がなかなか散らばってくれない場合には、9個の的球にも注目します。

的球をブレイクショットの形にすることを、「ラックを組む」といいます。

このラックの的球と的球の間に隙間ができていると、いくらブレイクショットをうまくしても、的球がうまく散らばってくれません。

つまり、ファウルを取られてしまう状況になりやすいということです。

自分のミスでファウルを取られることほど、損なことはありません。

どこにキューボールを置いてブレイクショットをするかということは、テーブルごとにも異なります。

ビリヤードのテーブルは皆同じように見えますが、一台一台個性があります。

色んなテーブルでブレイクショットを練習し、様々なテーブルの癖を知っていくようにするといいですね。


3.ブレイクショットのポイントは?

ナインボールのブレイクショットでは、普通ブレイクキューを使用します。

これはプレイキューより重くどっしりとしており、ブレイクショットで容易にキューボールから的球にパワーを伝えることができます。

ブレイクショットをする際は、直前のテイクバック(キューを後ろに動かすこと)でキューの太い方を少し上げ気味にします。

そして、自分の体重ごとキューと移動するようにしながら、キューを前方にスピーディに動かします。

ブリッジはテーブルから浮かせたり動かさないように気を付けます。

ブレイクショットをマスターすれば、ビリヤードの上達の階段を一段上ったといえますね。