ビリヤードと言えば、ナインボールが有名ですが、このエイトボールもなかなか奥深いゲームです。

腕がないと勝てないゲームですので、実力の差が躊躇に出ます。そのエイトボールのルールをご紹介しますので、読んでみてください。


1.エイトボールってどんなゲーム?

ビリヤードのエイトボールは、2人で行うゲームで、1番ボールから15番ボールまで使います。




ラックの組み方は、8番ボールを中心に置き、ラックの片方にローボール。1番から7番。もう片方にハイボール。9番から15番を配置して並びは自由に置きます。

8番ボールを落とせば勝者となりますが、自分のグループボールを全て落とした時点で、初めて8番ボールを狙えるゲームです。途中、8番が落ちても、また、テーブルに戻します。


2.先攻、後攻。グループボールの決め方

まずは、バンキングで攻守を決めます。その後、ブレイクショットを行うところまでは、ナインボールと一緒です。

そのあとは、ナインボール違い、8番ボール以外をどれを狙っても構いません。最初の的玉をポケットした時点で、自分のグループ、ローかハイかを決めれます。


3.エイトボールゲームの流れ

大体、最初に、自分が落とした球が自分のグループボールにしますね。

1~7番を落とせば、グループはローボール。9~15番を落とせば、グループはハイボールといった感じです。

その後、自分のグループボールを全て落とした後、初めて、8番ボールを狙うわけですが、その時に、どのポケットに入れるか宣言します。

その宣言したポケットに入れば勝ちです。


4.エイトボールの独自のルール

ビリヤードのエイトボール独自のルールとしては、グループボールが残っているのに、8番ボールを落とした場合と、宣言したポケット以外に8番ボールを落とした場合はプレイヤーの負けとなります。

その他のルールで、自分のグループボールが落とす前に、8番ボールを落とした場合、8番ボールを誤って、テーブルの外に出した場合。プレイヤーの即負けとなります。

冒頭で、言ったとおり、確実なショット、手玉、的玉のコントロールが出来なければ、すべて落ちて行きませんし、ファイルし、下手すると即負けです。

ナインボールはたまたま落ちたと言うこともありますが、エイトボールでは、それはありません。

実力差のある方とのエイトボールは勉強にはなりますが、勝負では勝てないので、実力差のない方と勝負してくださいね。

どうしても、実力差のある方と勝負する場合は、ハンディキャップとして、先取ゲームの数に差をつけてプレイしてください。