ポケットビリヤードの厚みには人によって感じ方は違いますが、厚い球と薄い球があります。

厚みが薄くなっていくとそれだけ許容範囲が狭まりミスが許されなくなります。

上級者は薄い球も経験があるので比較的高い確率でポケットしていきます。

なるべく基準を作って薄い球を入れていきたいと考えた時に、一つの指標となるのがこの1/4の厚さです。


1. 1/4はどんな厚みか

厚み1/4とはどんな厚みなのでしょう。

厚み1/4とは手球が的球にヒットするときにプレーヤーから見て重なる部分が球の1/4あるという意味です。




厚み1/4でヒットした後、的球はどこへ向かうでしょうか。

複雑な計算はここでの主題ではありませんので省きますが、的球は手球の進行方向に対して45°に分離して進みます。

具体的には、狙いたいコーナーポケットの反対の長クッション側のサイドポケットを結ぶライン上に的球、その的球と長クッションに平行なライン上に手球がある場合です。

1/4の厚みはポケットビリヤードではよく出てくる配置になりますので、たくさん練習しましょう。


2. 練習方法

具体的な練習方法です。

上記にあるような配置、例えば的球をヘッドスポット、手球をフットスポット、またはセンタースポットに配置します。

この配置はけっこう苦手な人が多く、何回撞いてもポケットできないというプレーヤーも多いです。

イマジナリーポイントが的球に重ならないために明確な狙い点がないのが原因です。

しっかりと厚みを測って不安なら構えなおすようにしてください。

やみくもにこの辺だろうと思って撞くのは集中力を欠きますし、時間の無駄です。

1/4のラインを反転させれば反対の振りの練習もできます。

入れが安定してきたら、手球の動きにも目を向けてみましょう。

芯の撞点、上の撞点、下の撞点をそれぞれ撞き比べてみて、どのように手球のアクションが起きるか勉強してしまいましょう。

手球と的球の分離角は90°ですので、プレーヤーから見ると45°の方向に手球は分離していきます。

芯の撞点を撞くとスクラッチのコースをとることになりますが、実際に撞いてみて本当に分離角45°でスクラッチするかどうか試しましょう。

そして押し引きの撞点を使うとどういうコースをとるかを見ます。

押しだと短クッションに入り、しっかり引けていれば長クッションに入る計算になりますが、実際に下の撞点を撞いてどうなるか、これも自分で試して答えを見つけてください。

いかがだったでしょうか。

1/4の厚みになると途端に難しさが感じられると思いますが、これは練習量でこなしていかなければなりません。

厚みをよく見てイメージし、体に染みつかせて不安なく撞けるようになりましょう。

ヒントを求めてビリヤード場の常連や店員に話を聞くのもよいでしょう。

上達への道は簡単ではありませんね。