ビリヤードの上達のためには、まず撞き方、フォームを固定する必要があります。

その基本中の基本が、キューの握り方です。

初心者の頃にしっかりとキューの握り方を安定させれば、上達への近道になることは間違いありません。

逆に、上達が遅れている人は、キューの握り方が安定していないことが非常に多いようです。


握る位置

キューを握る位置は、キューの重心(片手で持って、バランスがとれる位置)から10センチほど太い方に移動したところが良い、とよく言われます。




しかし、実際に握る位置はかなり個人差があります。
それは、体型の個人差があるからです。

身長はもとより、肩から肘までの長さ、肘から手までの長さは、実は結構個人差があります。

ですので、構えてショットする瞬間にひじが直角になる位置を握れば、上記の位置と大きくずれていても気にする必要はありません。


握り方

中指の付け根あたりを意識して持つということをよく言われます。

これの意味することは、中指と親指だけで握っているくらい、力をいれないで持つのが良いと言う意味です。

フォームの固定という側面で考えると、力が入っていないとはいえ、つまむように持つとフォームの固定が遅れ、結果上達は遅れます。

しかし、どんな握り方でも、固定してしまえば特に問題ありません。
海外のプレイヤーには、とんでもない握り方をしている人も多く見られます。

握り方に関して最も気をつかわなければならないのは、ショットの瞬間です。

いくら素振りの時にきれいな握り方をしていても、ショットの瞬間に力が入りすぎては意味がありません。

しかし、初心者の多くは、このショットの瞬間だけに力が入りすぎて、狙った撞点を外してしまうということが多々あります。

素振りのときではなく、ショットの瞬間の脱力をとにかく意識しましょう。


握る強さの誤解

上述したように、キューの握り方のポイントは脱力ですが、ブレイク、その他強いショットを撞く時は強く握らないといけない、と思っている人が多くいます。

確かに強く握れば、ショットの瞬間、キュー先がわずかにぶれるのが軽減されるので、握る強さとショットの強さは無関係ではありません

しかし、握る強さよりもはるかに関係が深いのが、キュースピードです。そして、脱力した状態でも、時には脱力した状態のほうがキュースピードは上がります。

くわえて、脱力しているので、真撞き(手玉の真ん中を撞くことで、もっとも強いショットが撞ける)の精度も上がります。

初心者が懇親の力を込めてブレイクをしたときより、上級者が軽く撞いたブレイクのほうが、球がよく散らばるのは、ここに原因があるのです。

強いショットを撞きたかったら、とにかく速く、そして脱力をこころがけましょう。

表し方を変えれば、どんなショット撞くときでも握り方は同じで、キュースピードだけを変える、というのが理想的です。