ビリヤードで的玉をポケットするには、どこを狙えばいいのか、それを、わかりやすくするために、イメージボールという手法がビリヤードの先輩たちから、生み出されました。

そんな、イメージボールとはなんなのか、練習方法も含めて、ご説明します。


1.イメージボールとはなにか。

イメージボールとはなにか、まずは、落としたい的球と狙うポケットを決めます。




そのポケットから、的玉に向けて、直線にイメージ図を引きます。あくまでも、イメージですよ。

可能なら、わかり易くするために、粘着力の低いマスキングテープなどを引いてみてもいいでしょう。

そのまま、的球の真後ろに、ボールを置き、そのボールをイメージします。これがイメージボールです。

このイメージボールの中心がイマジナリーポイントと言いますが、それを狙うように手玉を撞くと、的球はポケットされるという訳です。

もし、それで入らなければ、イメージボールが、ちゃんとイメージされていないか、そこにちゃんと撞けてないということです。


2.イメージボールの練習方法

ビリヤードのイメージボールは、ラインがちゃんとイメージされていないと、確実に入れることは出来ません。

そのラインをイメージするのに、実際に線を引ければ、一番いいのですが、それは難しいですよね。

先ほどでも説明したように、マスキングテープをお店の方の許可があれば、引いてみるのも有効です。

それが出来なければ、キューをあてがって、ラインをチェックしましょう。

その際に、ラインがしっかりと出来たら、今度はイメージボールを実際に置いてみるのです。

実際にボールを置いてみると、自分のイメージとのずれも修正できます。

そして、手球と的玉のラインも、キューを使って、しっかりと確かめてください。そのラインが出来たら、後は、ラインに向けて、球を撞くだけです。


2.イメージボールのまとめ

実際、初心者のうちで、一番ミスするのは、ラインを見誤ることが多いでしょう。

しっかりと、キューをつかい、ポケットまでのラインを読み、イメージボールを掴んでください。

掴んだら、実際にボールを置いて、厚みを確認すれば、ポケットしやすくなります。

近い距離と、30°、60°、90°と決まった角度から練習していくと上達していきますよ。