相手がファウルをした場合には、フリーボール、つまりどこに手玉を置いてもよい状況になります。

この時に気をつけることを考えます。


1. まっすぐには置かない

ビリヤードは、「イレ」と「ダシ」の競技です。

イレに関しては、手玉、的球、ポケットが一直線上にある配置が最も簡単です。

なぜなら、イマジナリーボールを想像する必要がなく、的球だけを見て撞けば良いからです。

これが理由で、フリーボールの時に上記最も簡単な配置に手玉を置く人がいますが、これはほとんどの場合間違いです。




なぜなら、これでは「ダシ」の選択肢が狭まるからです。

ダシとは、次の的球を撞きやすい位置に手玉をコントロールすることですが、手玉、的球、ポケットが一直線の配置では、ポケット後に手玉をコントロールしようと思っても、その直線上のどこかにしか動かせません。

これに対し、角度をつけた場合は、手玉と的球が衝突後に角度をつけて動きます。

的球はポケットさせるので考える必要がありませんが、手玉に関しては、ショットスピード、回転をコントロールすることによって、この角度を柔軟に調節することができます。

練習し上達していけば、多少の角度がある球でも、一直線にある場合と限りなく近い精度でポケット可能になってきます。


2. トラブルを見つける

せっかくフリーボールなので、イレとダシだけでなく、他にも活用しましょう。

ビリヤードでは、的球同士が接近していたり、タッチしていたりして、直接ポケットを狙うのが困難な状況や、数字の高い的球が低い的球のポケットをじゃましている状況などがあります。

こういった状況をトラブル、と呼びますが、これは試合中になんらかの形で解消しなければいけません。

もっともシンプルな方法は、なんらかの球を当てて、配置を変える方法です。

しかし、ゲーム中にイレ、ダシ、トラブル解消を一気に出来る場面は限られており、出来たとしてもかなり難度の高いショットが要求されます。

しかし、フリーボールの時は、イレ、ダシ、トラブル解消に最も適した場所にボールをおくことが出来ます。

フリーボールの権利を得たら、必ず一度はビリヤード台全体を見渡し、トラブルが無いかを確認しましょう。

もし見つけたら、その機会にトラブルが解消できないかどうかを考える癖をつけましょう。


3. トラブルがない場合のダシ

トラブルが無かったら、イレとダシだけをしっかり考えれば良いのですが、この時ダシの方法がいくつかあることがあります。

そういうときは、可能な限り撞点上、つまり押し玉でダシができるようにフリーボールを配置しましょう。

理由は、引き球に比べて押し玉の方が、摩擦に逆らっていない分簡単だからです。

上達していくら上級者になっても、1%でも確実性が高い手段をとるのが勝利の鍵です。