ビリヤードの撞く動作には、ストロークは大事な要素です。ブッリジやフォームが出来たら、球を撞くための要素、フォームの練習を始めましょう。

ストロークを正しく行うには、肘、手首の動きが重要なので、今回は、手首と肘に関してご紹介しましょう。


1.正しいストロークの動作とは?

ストロークとは、手玉を撞くときに、キューを動かす準備動作のことですが、手玉を、狙いどおりに、正確に撞くにはリズミカルなストロークを心がけるようにします。




ストロークをする時は、キューを持った手の肘の角度が90°になるように曲げます。

その肘を固定させ、肘を支点に振り子のようにキューを動かせます。

その時に、脇を開かないようにしてください。脇が開いていると、真っ直ぐに撞くことが出来ません。脇を締めることで、キューが肘の真下に来るようになります。

ストロークをやってみて、キューの軌道が同じようでなければフォームを見直すようにしましょう。


2.ストロークのコツ

ビリヤードを上達させるためには、ストロークのコツを覚えましょう。


1.ストロークの基本

ストローク動作の基本は、キューをテーブルに平行に動かすことなので、それを意識してストロークしてください。

具体的に言うと、肩、肘を動かさないようにして、肘を支点に、振り子のように腕を動かす、これをすると平行に動くようになります。その時に手首を柔らかく動かすことが大事です。

ナチュラルな形で、テーブルと平行にスッとキューを撞きだすことが出来れば、ストロークの基本は完璧です。

ただし、力は抜いてくださいね。楽に、楽に。肩と肘を固定すると、結構、力が入りますが、力むことなく、スムーズにキューを出してください。

実際、力んだ状態でキューを送り出すと、キューは上下に波打つような状態になるので、テーブルと平行にキューを撞きだす動きは出来ません。

なので、真っ直ぐに、手玉を撞くことが出来ないということです。このストロークの動きは、物理学的にも証明できるほどの動きなのでご心配なく。

ビリヤードのストロークは、キューをテーブルと平行に出すという動きが重要なので、僕は、ラシャと平行にキューを構えて、ストロークのチェックをしています。

正しいストロークを覚えて、真っ直ぐ球を撞く感覚を練習で覚えて、楽しくビリヤードをしましょうね。