ビリヤードにおいて、ストロークは最も気を使うところです。

その一つが、ストロークのスピードです。ストロークのスピードは、基本的にはショットのスピードに比例します。

基本的、と書いたのは、そうならない場合もあるということです。ここを理解しないと、上達は難しいでしょう。

どういうことなのか、考えましょう。


1. ストロークのスピードと強さ

まずその前に、ストロークのスピードを上げるためにしてしまう、よくある勘違いが、強く握る、強く振るという行為です。




これは考えればすぐに分かるのですが、いくら強く握っても、スピードはあがりません。

むしろ、無駄な力が入ってスムーズなストロークが出来ずに、スピードが落ちることすらあります。

ストロークのスピードを上げたい時には、特に脱力を意識してください。


2. ストロークのスピードとショットのスピード

本題である、ストロークのスピードとショットのスピードの関係です。

上述したように、ストロークのスピードを上げるときに、力を入れないように気をつけたとしても、やはり通常のスピードに比べると、速いストロークの時の方が、狙った撞点から外れやすいものです。

ビリヤードのポケットは、その幅が球2つ分あるので、実は数ミリだけ狙いがずれてもポケット可能です。

しかし、その数ミリの違いは手玉のスピードには強く影響します。

ビリヤードは、ポケットすれば良い、という競技ではなく、次の的球を狙いやすい場所に手玉をコントロールする(ネクスト)ことが勝利につながります。

よって、このスピードが変わってしまうということは、ネクストのコントロールができないということになってしまいます。


3. 撞点との関係

つまり、ストロークとスピードとショットのスピードの関係には、撞点が絡んでくるということになります。

上達のために絶対に必要なのは、必ず自分の定めた撞点を、どんなストロークのスピードの時でも誤差なく撞ける、という安定感です。

それが出来るようになったら、ストロークのスピードと、撞点、ショットのスピードの三角関係をしっかり把握することです。

練習では、まず真撞きです。

真撞きでのストロークのスピードとショットのスピードを、何度も撞いて目で確認しましょう。

それを把握できたら、次は撞点を上下にずらします。

このときの注意点ですが、球体は物理上、真ん中と真ん中からタップ0.5個上下にずらしたときのショットスピードの差よりも、真ん中から0.5個と1個の差の方がずっと大きくなります。

これは左右にずらした場合も同じで、右上や左下などを撞いた時は、その差はさらに大きくなります。

自身ではかなりのストロークスピードが出たと思っても、ショットのスピードが遅い、と感じることがあったら、大抵の場合撞点がタップ1個以上真ん中からずれています。

ストロークのスピードと、撞点、ショットのスピードの三角関係をしっかり把握できるまでしっかり練習しましょう。