ビリヤードにおけるストロークの基本は、安定です。

逆に言えば、安定したストロークさえマスターすれば、ビリヤードではかなりの上達が見込めます。

しかし、状況によって、いつも通りの安定したストロークができないときがあります。

そういった時に使うスナップをみていきましょう。


1. スナップを使う前に

スナップを使う前に、ビリヤードにおける理想的なストロークを考えます。

理想的なストロークでは、テイクバック、インパクト、フォロースルーという一連の流れが、肘を支点とした振り子運動になっています。




脱力が基本で、肘から手にかけては、重力でぶら下がっているといったイメージが良いとされます。

手に関しても、手のひら全体でキューを持ちますが、決して力を入れずに持つことが安定したストロークにつながります。

この理想的なストロークの流れの中に、スナップは出てきません。
つまり、スナップは必要な時のみに使う、と考えましょう。


2. スナップを使う場面

スナップは、キレを増したい時に使います。
一般的なストロークでも必要十分なキレを出すことは可能です。

しかし、手玉と的球の距離がとても近い場合は、通常のストロークほどキューを出せません。

また、通常のストロークではどうしても出せないキレを出したい状況もあります。

こういうときに限って、スナップを戦略的に使いましょう。


3. スナップの使い方

スナップの基本は、手首と手です。

手首を支点として、手を脱力状態から握り込むと、その瞬間だけキュースピードが上がります。

気をつけるポイントは、スナップ前に脱力し過ぎないことと、インパクト時に握りこみ過ぎないこと。

練習時に、どのくらいの力を入れる(抜く)かを何度もやって調整してください。

また、スナップの練習時は、肘から手首までの振り子運動を使わず、上述した握りこみのみでキューを出す練習をしてみましょう。

握りこみのみで、キューが縦、横にブレていないかを確認してください。

実戦でスナップを使う時、キューをあまり出せない状況ならば、この握りこみだけで十分ですが、キレを増したい場合のスナップは、通常の振り子運動によるストロークとスナップを併用することになります。

初心者でキューブレが大きい時、そのブレが振り子運動起因なのか、握りこみ起因なのかは、練習時にしっかりと把握しておく必要があります。

横にブレている可能性もあるので、的球をおかず、クッションに向かって垂直に手玉をスナップを使って、真撞きしてみましょう。

横にブレている場合は、手玉がクッションで跳ね返った時に左右どちらかにずれます。

また、ひねりに加えるキレをあげるためにスナップを使う場合は、その効果を上述した同じ方法で確認することができます。

例えば右にひねった場合は、クッション後に手玉がどのくらい右に開くかで、スナップによるひねりの効き具合を目で確認することができます。

スナップは有効なショット技術ですが、リスクを伴うことも事実です。

十分に練習し、さらに上達したいときに選択肢に入れるようにしましょう。