ビリヤードのストロークおいて、肩の使い方にはどんな役割があるのでしょうか。

参考にして上達していきましょう。


1.初心者のうちは固定

ビリヤードを始めて間もない初心者には、フォームが安定し、的球がある程度入るようになるまではストロークする腕の肩と肘は固定することをお勧めします。

まだフォームが定まっていなく、真っすぐ振ることさえ難しいからです。

この段階で肩が動いているとキューをスムーズに振ることができませんので、矯正していきましょう。




固定と書きましたが、がちがちに動かないようにするわけではなく、そのままの姿勢を保つという意味合いですので、あまり力を入れずにリラックスするようにしてください。

肘から下を振り子のように振るだけのストロークなので、肩の動きはいらないですね。


2. 肘を送り出す

中級者、アマチュアのクラスでいうとC級になってくると、ストロークの最後にフォロースルーとして肘を落として送り出すフォームを覚えたいところです。

初心者のストロークのままだとキュー切れが悪い状態なので、タッチの長いストロークに替える必要があるのです。

その際に支点となるのが肩となります。

ただあくまで支点として動くだけですので、肩自体が上下動しているとストロークにぶれが出てしまいます。

また、入れよう入れようと思っていると、どうしても肩が下がりストローク全体が小さくなってしまいます。

矯正方法としては、構えたままグリップをラシャに押しつけて肩だけ上にあげるようにします。

そうすることによって懐が大きくなり、キューを出していけるフォームになっていきます。

肩を肘と平行にするフォームを作っていけば自然と懐は大きくなるので、頑張ってものにしましょう。


3. 肩を送り出す

強いキュー切れを生み出すための最終手段が、肩まで使ったストロークです。

もちろんフォームが固まり、ポジショニングや入れも難なくこなせる上級者でなければできません。

肩までストロークの一部分にしてしまえば、より強く手球に力を加えることができるという発想です。

インパクトの直前から肩を落としていきトルクをかけるイメージです。

ブレイクショットでも知らず知らずのうちに肩のストロークを使っていることが多いです。

バックスイング時に大きく後ろに肘を跳ね上げその反動でキューを撞きこんでいくのですが、体重移動の結果肩ごと手球にぶつけていくような格好になります。

この肩の動きを通常のショットでも応用して力まずにパワーを生み出していくストロークです。

いかがだったでしょうか。

レベルに応じて肩の動きが変わってきますが、ビリヤードで大事なことは何度も言うようですが力まないことです。

ビリヤードは動きに制約の多いスポーツですが、特にフォームやストロークに関しては制止する体の部分が他のスポーツに比べて多いことが特徴です。

それだけに、力んだだけそのストロークは崩れていきますので、できるだけリラックスして肩周りの使い方を覚えて上達していきましょう。