キューを離していくのですが、イメージとしては、後から見えない紐でゆっくりと引っ張られているイメージです。

力まずに、最小限の力を使いましょう。


2. ショット時のイメージ

最重要ポイントです。

ショットする瞬間は、もっとも重要なだけあって、慣れないうちはどうしても力が入ります。

また、素振りの時はゆっくりストロークしていたのに、実際のショットの時は突然キュビリヤードのストロークは、一連の「流れ」で成り立ちます。




その流れの中で最も重要なのはショットの瞬間ですが、その前後の動きももちろん重要で、全体がまとまらないかぎり上達は見込めません。

各々のポイントでのイメージをみていきましょう。


1. ショット前のイメージ

素振りの段階では、狙っている撞点にキュー先がしっかり向かっているかどうか、という確認だけでなく、実際にショットするときのことをイメージすることが大切です。

実際にショットするときのキュースピードで素振りをしましょう。

ビリヤードのストロークは、肘を中心とした振り子運動が基本ですが、キュー先は手玉に当たるか当たらないかのすれすれの位置にあるときに、肘が直角になるようにします。

ここからースピードがあがってしまうことも多々あります。

ショット時のイメージは、逆説的ですが、いまから手玉にキューが当たる、ということを意識し過ぎないことです。

つまり、キュー先がその位置を通過した、とイメージするくらいが調度良いでしょう。

見方を変えれば、そのイメージはまさしく振り子そのものです。

力をつかって動かしているというより、重力による振り子運動とイメージしたほうが脱力できます。


3. ショット後のイメージ

手玉を使った素振りの段階では、ショット後の状態は再現できません。

よって、練習の時はまず、手玉を一旦横に少しずらして、ショット後の位置までキューを出してもあたらないようにします。

すると、自分のストロークで、ショット後にどのくらいキューが「出ているか」が確認できます。

ここで、自分の思ったくらいキューが出るようなストロークの素振りをします。

また、ショット後のキューの位置、または身体全体の状態も固定させましょう。

実際のショットの時は、素振りの段階から、上で説明した、ショット後のキューの位置、身体全体のイメージを持っておくことが大切です。

ショット後は、最低でもキューや身体を1秒以上は動かさないように心がけましょう。


4. ショット全体イメージ

ビリヤード上級者のストロークは、みな安定し、リラックスしています。

この2つ両方のイメージをしっかり持ちましょう。

安定ばかりを考えると、力が入り過ぎますが、リラックスばかりを考えると安定しません。

このたった2つのイメージを常に持ち続けた状態で練習をすると、上達の手助けとなります。