ビリヤードは、撞き方によって手球にいろいろな力を加えることができます。

ストロークを加速させて撞くといわゆる「重い球」を撞くことが可能になり、インパクト後の手球や的球の動きが安定します。

ストロークを加速させていくコツを掴んで上達していきましょう。


1. 手球にキューがついていく

通常のストロークで手球を撞くと、キュースピードはインパクトの瞬間に手球に力を与えるため衰えます。




手球は勢いよく飛び出していき、そのあとで力を失ったキューが後追いする格好になります。

重い球質を撞くプレーヤーの動きを見ると、手球が飛び出したあとにキュー先がついていくように見えます。

一言でいえばタッチの長いキュー出しといえるでしょう。

もちろん実際には、ハイスピードカメラ等での検証結果が出ていますが、手球にタップが長い時間タッチしたままショットできるということはありません。

しかしそのような質の球を生み出す、加速させるストロークはどのようにすればできるのでしょうか。


2. 加速のコツ

ストロークを加速させるためのコツ、それはキューのトップスピードをインパクト後に持ってくる、ということです。

通常のビリヤードのショットでは肘から下を時計の振り子のように振り、バックスイングからインパクトまで一定のスピードで撞くことで安定したストロークを生み出していました。

ストロークを加速させインパクト後にトップスピードに持っていくには、バックスイングからの振り出しのスピードを遅くすることが第一点です。

一定のスピードでストロークするということは、理論的には振り出しから100パーセントのスピードを与えなければいけません。

そうではなく、インパクトに向かう途中から徐々にキュースピードを上げていく考え方にしていく必要があります。

もう一つはグリップの位置です。

通常のグリップ位置は、水平なキューとそこに垂直に降ろした腕の交点の位置にあります。

それを、一握り分前にグリップし、肘の角度をより鋭角にします。

通常のショットではインパクト後のフォロースルーに入っていく段階の肘の畳み角になります。

これは、インパクトのイメージを手球よりも少し的球側に置いてトップスピードを遅らせる意図を持っています。

トップスピードがインパクト後になれば自然とストロークは加速していくことになり、球質を重くする力を手球に与えることができます。

いかがだったでしょうか。

ビリヤードのストロークは奥が深いので何度も試行錯誤を繰り返して上達し、球質の重い撞き方ができるようになりましょう。