ビリヤードを始めて、ブリッジ、スタンスがマスターできたら、次のステップは「ストローク」の習得です。

ここでは、ビリヤードのフォームやストロークについてご説明します。


1.「ストローク」の意味とは?

「ストローク」とは「動かす」という意味です。

ビリヤードでプレーヤーが動かすものは、キューですね。

ですから、ビリヤードのストロークとは、キューをテーブルと平行にして動かすことが大切です。

ひじの一点を動かさず、キューをストロークしますが、力みすぎるとキューの自然な動きがなくなり、キューがまっすぐでなく斜めに動いてしまうので、注意してください。




これがフォームの注意点です。

右利きの人の場合、キューを握る右手はキューを落とさない程度に握るだけです。

握って支える程度だと考えましょう。


2.まずはボールなしで確認する

練習では、マスターすべき練習のポイントをシンプルにしておくことが重要です。

ここでまずは、ペットボトルをテーブルに置いて素振りで確認します。

基本のブリッジの位置は既にはっきりしていると思いますので、ブリッジの位置を目安にキューを動かすようにします。

今後、ボールを撞く段になると関わってくるのがルーティンです。

ルーティンとは、ボールを撞く時には同じ流れをこなしていくということです。

ルーティンが身に付いていると、ゲーム中でも平常心を保ちやすくなります。

自分のルーティンを立てるのに、ストロークの練習は大いに役立ちます。

キューを前方に3回動かし(前→後ろ→前→後ろ→前→後ろ)、もう一度前に動かしてストップ 。

ポーズをとったら、後ろに引き、また少しポーズをとってから前方にキューを押し出し、キューのパワーを放出します。

これをひとくくりにして、何度も繰り返し練習します。

プレーヤーによっては2回前後に動かすだけの人もいますが、自分のペースがつかみやすい回数でいいと思います。

まずはボールなしで自分のフォームやストロークを確立して上達目指してください。


3.何にでも通じるストレートショットで練習する

ビリヤードでは、どんなに角度がついた的玉を狙おうとも、ストレートショットが打ててこそポケットにボールが入るというものです。

また今はストロークの練習ですから、まずはシンプルなストレートショットで練習を始めましょう。

ブリッジの位置から前と後ろに同じ距離だけキューを動かしていきます。

右利きの人の場合は、右肘や右手首がまっすぐ一直線になっていますか。

フォームを確認します。

キューの先に木目模様があれば、それを見てみると、キューがテーブルと平行に動いているか分かります。

右手首が内向きに入り込んでいたり、右ひじが手首より外に出すぎていれば、キューの木目模様がくるくる回るように見えます。

模様があれば、参考にしてみると分かりやすいです。

キューボール、的玉、ポケットの距離が短いショットから練習することでストレスなく続けていけるでしょう。

これで上達間違いなしです。