ビリヤードでは、プロの選手でさえプレイする度に自分のフォームやスタンスが変わっていると感じているそうです。

それほど自分だけのフォームを確立していくことは難しくもあり、大切なことなんですね。

そんな場合の強い味方が、ルーティンです。


1.スタンスをとる際のルーティン

まずは、キューを持って上半身を倒すところまでを考えてみましょう。

右利きの人の場合は右手でキューの下の方を握り、左手はブリッジを組みます。

左手はブリッジにせず、軽く持っていても構いません。




キューを持つ右手は右の腰や骨盤の辺りにピタリとつけたまま、テーブルにキューを置きます。

キューは必ず、キューボール、的玉、ポケットを一直線でつなぎます。

キューの位置が確定したら、左足を一歩前に出します。

両足とも45度ほど右側に向けます、上半身を倒します。

このフォームでブリッジまでしっかり組めていたら、完了です。

キューを先にテーブルに置かずに、上半身を倒してもいいですが、キューの向きに注意しましょう。

両足の角度を変えるところの順序も自分なりのもので構いません。

どんどん調整して、自分にとってしっくりくるルーティンのフォームを探します。


2.撞く際のルーティン

上半身を倒すところまでできたら、いよいよボールを撞くことになります。

この時に自分の体で無理をしているところがないか、確認します。

体全体がストレスなくリラックスできていれば、問題ありません。

そして、キューがキューボール、的玉、ポケットを結んだ一直線上にあるか確認します。

できたら、ストロークです。

2回でも3回でもいいですから、キューを前後に動かしてから、後方でポーズをとりキューボールを撞きます。

ビリヤードでは、ボールの正確性を高めるため、撞いた後も体は倒したままです。

ボールを撞くと同時に体を動かしてしまうと、キューとボールが離れてしまっているようでもキューがぶれてしまうので注意します。

ルーティンのスタンスをとっても、違和感やキューの向きに疑問が生じたら、一度体を起こして一からやり直す習慣をつけましょう。

面倒かもしれませんが、上半身を倒して修正しようとしても、様々なところに影響を与えてしまいます。

体全体がバラバラ、ちぐはぐになることも往々にして起こります。

ルーティンが習慣化すれば、どんな時でも自分のフォームとペースが取り戻せるので、便利です。

特にゲームでは、常に平常心を保ってプレイできたら怖いものなしですよね。

結局は、ビリヤードというのは月並みな言い方にはなりますが「自分との戦い」を続ければ上達につながるのです。

常に同じ状況でプレイできることはプロでもなかなかありません。

体調に左右されることもあるでしょう。

気分的な問題もあるでしょう。

プロを目指しているわけではなくても、誰でも上達したいはずです。

それにはルーティンのフォームを確立していくのが鍵になります。