ビリヤードで、自分のフォームが理想とされるものに近づくことは基本をしっかりマスターできているといえるでしょう。

こうなれば、ゲームでの結果もついてくるのではないでしょうか。

ここでは、理想のフォームについて考えてみましょう。


1.ビリヤードの理想のフォーム:上半身

上半身は腰のところでほぼ直角に曲がり、テーブルの方に倒れている状態です。

背中は、ゆるやかなカーブを描いており、猫背でも反りすぎてもいません。

右利きの人の場合は、左手でグリップを組み、右手でキューの下の方(スタンスを構えている時は後方)を握ります。




左腕は伸ばしすぎず、少し余裕をもってテーブルにあります。

右手の方は、ひじから手首までが一直線で、手首が曲がらずまっすぐになっています。

キューが前方を向いているので、上半身はキューに当たらないように少し右側に向けます。

キューがキューボール、的玉、ポケットに向いているか、鏡などで確認しましょう。

キューはテーブルと平行になっているかも確認します。

常に「キューありき」の考えを大切にしてください。

キューがこちらを向いているから、自分はそれを保ちながらスタンスをとり、キューを支えてあげる感じです。

そしてビリヤードで何より一番大切なのは、リラックスしているかということ。

どこにも無理や負担、ストレスを感じるところがないようにしてください。

体のどこかに無理があれば、キューの動きは不自然になります。

キューはもともと、まっすぐなものですから、プレーヤーはそのキューに合わせてプレイする感覚が大事です。

体をテーブルに倒してスタンスをとってから、「やはりおかしい」と少しでも感じたら、もう一度体を起こしてスタンスを立て直しましょう。

テーブルに体を倒してから、スタンスの修正をすると、修正する必要がない部分まで変わってしまうことがあります。

面倒でも、一からやり直す習慣をつけることでポイントのマスターがしやすくなります。

左利きの人は、全て反対にして考えましょう。

これで上半身は理想のフォームになっているはずですし、一歩上達しているでしょう。


2.ビリヤードの理想のフォーム:下半身

次に、下半身に移ります。

右利きの人の場合で述べていきますので、左利きの場合は逆で考えてください。

まず右足は、右手の真下にまっすぐに伸びています。

左足は軽く一歩前に位置し、腰が45度ほど右側に向いている関係上、両足とも同じように45度ほど右側に向けると、バランスがとりやすいです。

ビリヤードテーブルの高さは75~80cmと規定されています。

平均的な身長の日本人男性なら股下くらいでしょうか。

これらの人がスタンスをとると、腰の高さとテーブルの高さが同じくらいになります。

背が高い人の場合は、足を広めに開けて調節します。

これでプレーヤーごとに微調整を図り、自分だけの理想のフォームを形作ってください。

何度も素振りをし、実際にボールを撞いて、その感覚を養うとともに、微調整を続けて上達してくださいね。