ビリヤードでは、実際にキューで手玉を撞くのは腕ですが、体全体が安定していないと、思ったようにキューは出ません。

つまり、腕以外にも足、肩、腰、肘に気を使い、正しいフォームを身につけないと、上達が大幅に遅れます。

部位ごとに正しいフォームを説明します。


1. 正しいフォーム〜足

まず足の位置です。(利き足が右足とします。)

キューの真下に右足を置きます。足は右方向に45度傾けましょう。

その状態で左足を左方向45度に出します。足の向きは右足と同じか、キュート平行です。




どのくらい左足を出すか、つまり右足と左足の開く幅ですが、肩幅より少しひろい位です。

膝に関してですが、右足は曲げないほうが安定します。
一方左足は伸ばす場合と曲げる場合とありますので、リラックスできる方を選んでください。


2. 正しいフォーム〜肩・腰

肩・腰は、リラックスすることがもっとも大切です。
力が入り過ぎないことに注意してください。

肩ならば、いかり肩のようになっていないか、腰ならば曲げすぎて痛みを感じないか、ということに気をつけましょう。

力が入っていなければ、バネのような役割を果たしてくれ、フォーム自体が伸びやかになります。


3. 正しいフォーム〜肘

ビリヤードでは、腕を使ってキューを出すので、肘が最も重要です。
(利き手が右手とします)

左肘ですが、基本は曲げずにまっすぐと伸ばします。
といっても、力が入ってはだめなので、あくまで自然に伸ばしましょう。

リラックスしたフォームのために、ほんの少しだけ曲げることもありますが、問題ありません。

右肘は、最重要ポイントです。

キューが的球にあたるギリギリのところで、ちょうど肘が直角になるのが理想です。

理由は、キュー出しは基本的に、右肘を中心とした振り子運動だからです。

上級者になってくると、右肘の高さも上下しますが、初級、中級者では、テイクバックからショット、フォロースルー(ショット後にキューを出したままにすること)まで、右肘の高さが変わらないように気をつけましょう。

左右の位置に関しても同様にブレないようにします。
キュー、右手から右肘、右肘から右肩までが一直線になるように心がけましょう。


4. 正しいフォームとは何か

部位ごとに正しいフォームを説明しましたが、最も大切なのは力を入れ過ぎないこと、リラックスすることです。

ビリヤードの1試合は、数時間に及ぶことも珍しくありません。
また、一日のうちに数試合行うことも多々あります。

構えただけで力が入っているようでは、体力がとても最後まで持ちません。
結果集中力も欠いてしまいます。

上記正しいフォームと若干ずれたとしても構いません。
もっと大切なのは、練習の時に毎回同じフォームで練習することです。

自分のもっともリラックスできるフォームを見つけたら、必ず同じフォームで撞き続けることが大切です。