ビリヤードの上達には、まず自分の手の代わりとなるキューをどう持つかが重要で、スタンスや果てはボールをうまく操れるかにもかかわってきます。

つまりグリップのやり方次第でゲームの結果が変わってくるんですね。


1.グリップが来るべき正しい位置を知る

ビリヤードで私たちの手の代わりをしてくれるキューには、様々な長さ、重さのものがあります。

長さが合っていないと、うまくキューにパワーを込められず、的玉にもそのパワーが伝わりません。

しかしながら、一般的なキューとして58インチ(約148センチ)のものが最も多く出回っていますので、初めはそれで練習していきましょう。




キューを手に力を入れずに軽く持ちます。

右利きの人の場合、左手は軽くブリッジを作って添えます。

ブリッジをしたまま左手を前から上に伸ばし、体を反らせるようにして上を見ます。

この時キューは体と同じ向きで縦方向になっています。

そのままテーブルに体を倒してください。

この時右手がある場所が、正しいグリップの位置です。

キューを引いて戻した時、肘が曲がり90度になっているでしょう。

顎の下にキューが来ているはずです。

そのまま何度かキューを前後に動かします。

キューが斜めや横に振れないように、肘の位置を固定し動かさないようにするのがポイントです。

楽にキューを動かせるということは、グリップも正しい位置にあるということです。

キューの重さについては、ビリヤードのプレイにしっかり慣れて、自分のキューを手に入れる際に検討すべき項目です。


2.何度もグリップの確認をし、体に覚え込ませる

グリップの位置に慣れるまでは、スタンスをとる度に体を反らせて倒すことを続けます。

グリップの位置は、基本的に変わりませんので、自分のキューであれば、ペンで印をつけたり、シールを貼るなどするとスタンスを即座にとりやすくなります。

しかしながら迷いが出たら、何度もやり直してください。

体を倒してから、スタンスの調整をすることはできませんし、間違っています。

面倒かもしれませんが、再度体を起こしてから、スタンスをとります。

グリップはあくまでキューが落ちて離れないように添えているだけです。

ぎゅっと強く握りすぎると、キューの自然な動きが損なわれますので注意します。

特にグリップの力を入れすぎて、手首と握った手がまっすぐ伸びずに変に曲がっているようなら、直しましょう。

練習する場所に鏡を置いておくと、チェックしやすいのでおすすめです。

何度も繰り返すことで、体に覚え込ませましょう。

これが上達につながります。

体を倒して、キューを動かすという一連の動きを何度も何度も繰り返します。

今はスタンスの問題ですので、ボールは撞かずにグリップの手のところ、顎の位置を確認します。

ボールなしで素振りを充分してから、ボールを撞くこととします。

ボールを撞いても、何度も同じミスをするとか、ミスしたボールが同じ方向にばかり進むということであれば、スタンスを疑ってください。

体を反らせて倒してから、グリップや右肘の角度、顎の位置を確認しましょう。