ビリヤードのキュー選びの時によく耳にする「前バランス」と「後ろバランス」。

具体的に何がどう違うのか、バランスが変わるとプレーの上達にどのように影響するのかを見ていきましょう。


1.キューのバランス

キューの重さはおおよそ18.0~20.0オンスの間と言われています。

グラムに直すと約510~567gとなり、数字で見ると大した差はないように思えますが、この約60グラムは、キューのバランスにとってはとても大きい数字なのです。




たいていのビリヤードのキュー尻にはウェイトボルトと呼ばれる重さを調節する重りがあります。

普段は保護のためにゴムが装着されているので見えません。

このウェイトボルトの部分が軽くなれば当然キュー先にバランスが寄っていくので「前バランス」、重くなればその逆で「後ろバランス」と呼ばれます。


2.バランスが変わるとどうなる

キューバランスが変わるとショットにどのような影響が出るのか。

実は数値で端的に表したデータはないというのが現状で、プレーヤーの主観によって感じ方はバラバラです。

一般的に前バランスの方が振りやすいがパワーが出ない、後ろバランスのものは振りにくいがパワーが出ると言われています。

引き球などでキュー切れを出すにはキュースピードが必要なので振りやすさを求めたいところですが、あまりに軽いとパワー不足になります。

そこは自身の筋力と相談しながら様々なキューで撞いてみるのが良いでしょう。


3.グリップとの位置関係について

バランスポイントとグリップの位置でもパワーの伝え具合が変わります。

プレーヤーによっては、ショットごとにいつも握っている位置から前後させて、振りやすさを求めたりしっかりと手球にキューの重みを伝えたりして球を捌いていきます。

普段のショットよりも手球をコントロールして撞きたい男性プレーヤーならば、前バランスにしてグリップを前に移動することによってパワーを抑えつつ軽い振り味を得られ、寄り良い手球コントロールに成功することもあります。

また、現在使用しているキューがどうしてもしっくり来ないと思っているプレーヤーもグリップする位置を変えてバランスをコントロールすることによってショットが安定し、上達への一助となるかもしれません。

いかがだったでしょうか。

キューのバランス一つとってもビリヤードは奥深いスポーツです。

いろいろな撞き味を試してみてビリヤードの新たな発見をすることができるかもしれませんね。