クッションタッチとは、的球がクッションにタッチしている状態のことを指します。

この配置は、初心者にとって狙いにくい、入れるのが難しい、と思われがちです。

しかし、クッションタッチを入れるのは、思っているより難しいものではありません。


1. イレの基本

クッションタッチはさておき、ビリヤードの基本である「イレ」は、手玉を狙った方向に精度よく撞けるか、ということと、狙った方向が正しいか、で決まります。




前者は、フォーム、ブリッジなどがポイントになるので練習が必要ですが、これに対し後者は、物理の考えで決まっています。

その答えは、入れたい的球と入れたいポケットを結んだ線上で、的球のすぐとなり、ポケットと反対側です。

そこにイマジナリーボールという仮想の球を想像し、イマジナリーボール中心を狙い位置に定めます。

上達するまでは、練習時に実際に別の球を置いてみて、しっかりと狙い位置を定めたあとに、その球を外す、という方法が効果的です。

注意点は、イマジナリーボールと実際の的球の接触点ではなく、イマジナリーボールの中心点を狙う、ということです。


2. クッションタッチの場合

さて、クッションタッチの場合も、上記イレの基本の例外にはなりません。

つまり、ポケットと的球を結ぶ線上の、ポケットと反対側イマジナリーボールを仮想し、そこを狙って撞くだけです。

クッションタッチの場合は、イマジナリーボールもクッションにタッチしているように仮想することになるので、クッションタッチではない球よりもイマジナリーボールが想像しやすいかもれしれません。

イレの基本でも書いたとおり、クッションタッチの場合も、狙う位置は的球とイマジナリーボールの接触点ではないことに十分に注意してください。

正しく手玉を撞くことが出来れば、クッションと的球に同時に当たることになりますが、それらと実際に狙う位置には、若干のズレがあることをしっかりと認識しましょう。


3. 摩擦について

ただし、クッションには摩擦があります。
クッションだけではなく、厳密に言えば手玉や的球にも摩擦があり、ビリヤードではこの摩擦は無視できません。

これを考慮すると、上述した物理上の正解から少しだけ微調整をする必要があります。

しかし、この摩擦はショットスピードはもちろん、ラシャの状態、球の状態にも影響するので、これといった正解がありません。

上級者も、ビリヤードの大会試合の中でその微調整を序盤で行います。

ただし、上述した正解を知ったうえでの微調整だということが必要なので、上記は必ず理解しておきましょう。

同時に、手玉と的球の間に発生する摩擦は、的球は手玉の方向に少しだけ引っ張られる、と考えておいてください。

また、摩擦なので手玉のスピードが遅ければ遅いほどその影響も強くなる、と意識しましょう。

物理法則をしっかりと頭にいれた状態で練習し微調整をすることが、上達のカギです。