クッションショットとは、手玉を的球にあてる前に、クッションにいれて跳ね返させたあとあてるショットです。

跳ね返りを使うので、直接あてるより難度はあがりますが、ビリヤードの試合状況としてどうしてもクッションショットにいかざるをえないこともありますので、しっかり練習しましょう。

実際の練習方法等をみていきます。


1. クッションにあたる位置のみに集中する

跳ね返る計算(後述)から導き出されたクッションの位置が決まったら、そこだけを見て撞く、ということが基本です。




クッションショットの場合、視線が向いている方向に的球が無いので、構えて素振りをしている段階でも、的球の方に視線が言ってしまう人が多くいます。

これでは上達しません。

構えてしまったら、上体をさげるので、その状態で的球をいくら見ても、跳ね返りの計算はできません。

一度決めてしまったら、クッション上のポイントだけを見るようにし、不安だったら構える前までもどって、狙う位置を再設定するようにしましょう。


2. 強さによる角度差を体得する

クッションショットの難しさは、物理上正しいはずの、入射角と反射角が等しいという法則が成り立たないところです。

それはビリヤード台のクッション構造上の影響ですので、それまで含めた計算をするのは困難です。

よって、これは何度も練習して経験で覚えていくしかありません。

入射角と反射角の差に影響するのは、手玉の強さ(速さ)と手玉の回転です。

これらはどちらも同時に影響するので、まずは独立して練習する必要があります。

手玉のみをビリヤード台に置き、クッションに向かって角度をつけて撞いて、その方向が理論上よりどのくらいずれるのかを覚えていきますが、最初がクッションに入る時点で無回転になるように撞きます。

無回転状態で強さを変えていき、その強さと角度差を確認します。

また、入射角によってもその角度差はかわるので、いろいろな角度で練習しましょう。


3. 回転による角度差を体得する

強さによる角度差を十分に体得したら、次は回転です。

先ほど無回転になるように撞いていた手玉ですが、撞点をタップ0.5個単位くらいでずらしていきます。

撞点が中心からどのくらい離れたら、角度差がどのくらいになるのか、ということを確認するときには、すべて同じ強さで撞きましょう。

違う強さで撞くと、強さによって角度差がでたのか、回転によって角度差が出たのかがわからなくなってしまい、上達の妨げになります。

このとき、あくまで撞点でコントロールするのは、クッションに入る時の回転なので、下を撞いてもクッションに入るときに前回転、つまり押し球になっていたら、その動きは参考になりません。