ビリヤードでは、的球をポケットに入れていくことで、自分の撞く番をキープしますが、どうしてもポケットに入れられない配置に出くわすことも多々あります。

そんな場合に知っておくと便利なのが、球クッションです。

今回は、球クッションを取り上げます。


1.球クッションとは?

ビリヤードの球クッションとは、知っていないとなかなか思い付かないショットかもしれません。

だからこそ、知っていると大きな武器になるはずです。

球クッションは、的球がクッションに密着している場合に、その的球をクッションに当ててから、キューボールに当てることでうまくその動きを利用するショットをいいます。




ナインボールでは、的球をクッションに当てないとファウルを取られてしまいますので、その前提に立った上で、相手プレイヤーに有利なボールを与えないようにするショットです。

しかしながら、成功しないと、大きな痛手にもなります。

うまく利用してセーフティに持ち込めば、一度相手プレイヤーに撞く番を与えたとしても、自分に再度チャンスが与えられる可能性もあります。

ですから、原理をしっかりとマスターしておくことが大切です。

球クッションを知っていて上達するだけで、レベルは確実に上がります。


2.球クッションに必要な練習とは

球クッションの利用方法には、他の的球をポケットに入れることと、セーフティにすることが上げられます。

ビリヤードテーブルを縦長に見てください。

左側のクッションの向こう側から1ポイント目の間に的球、向こう側のクッションの右から1ポイント目くらいに9番の的球、9番の手前、1ポイント目くらいのところにキューボールを置きます。

9番の的球とキューボール、もう1つの的球で横向きになったVの字が出来上がります。

もう1つの的球を仮に8番とします。

キューボールで8番を撞いていくわけですが、8番はクッションに近いので、クッションに当たった後キューボールに当たるでしょう。

そうするとキューボールは当たった力に押されるようにしてさらに動きます。

そして、9番の方に向かい、9番をそのままポケットに入れることもできますね。

球クッションでは、キューボールを撞いた後、コツンコツンと音がします。

キューボールの下の方を撞くと、うまくキューボールが9番の方に進みます。

次にセーフティにする場合の利用方法です。

同じくビリヤードテーブルを縦長に見てください。

左向こう側のコーナーポケットの右側から斜めに3つ的球を置きます。

左から右に向かって段々近づいてくるような感じで斜めに並べます。

仮に、この3つの的球を左から順番に、4番、7番、5番の的球とします。

4番の的球の手前、向こう側のクッションから3ポイントのところにキューボールを置きます。

まずはキューボールで4番を撞かなければなりませんが、どう撞くのがベストでしょうか。

4番はポケットに近いので、7番に当たらないようにしながらキューボールを撞いても、スクラッチしてしまいそうですね。

ちなみに、スクラッチとは、キューボールがポケットに入ってしまうことです。

こうなると、ファウルになり、否が応でも相手プレイヤーに撞く番が移ってしまいます。

それを避けるためにも、セーフティにします。

4番をまっすぐ撞きますが、キューボールの左側を撞くと、キューボールは左側のクッションに当たり、手前に戻ってくるでしょう。

4番は、キューボールに押されクッションに当たってから、キューボールにぶつかり右手に逃げていきます。

そうすると、キューボールと4番が他の的球に阻まれて、容易に撞くことができない配置が出来上がります。

是非、キューボールの色んなところを撞いて試しながら、練習してみてください。

球クッションの原理を知っていれば、ゲームでもうまく利用していけるでしょう。