ビリヤードにおいて、クッションを使ったショットは必要なショットです。

そのクッションを考える際に、軌道の入射角と反射角を考えることは絶対条件になります。今回、その入射・反射角の内容をご紹介します。


1.入射角と反射角とはなにか?

手玉の中心を撞いて、回転していない状態でクッションに当たると、クッションに対して、入る角度と出る角度は同じ角度で跳ね返ります。

物理の法則となりますが、ここは大事です。




このクッションに入る角度を入射角、跳ね返される角度を反射角といい、先ほど述べたように、中心撞きの無回転ならば、同じ角度で跳ね返されるのですが、力の加減、回転方向によって、角度は変わります。


2. 力の下限による角度の違い

手玉を強く撞けば、入射角よりも、小さな角度で跳ね返ります。また、弱く撞いた場合は、入射角よりも大きな角度で跳ね返ります。

このことは、クッションのみならず、的玉に当たった場合も同じですので、覚えておいてください。


3. 撞点による角度の違い

手玉の撞く位置によって、角度は変わります。手玉の中心より上の押し玉をすると、小さい角度で羽刈り、手玉の中心より下を撞く引き球をすると、大きい角度で跳ね返ります。

これは、押し玉の場合は、手玉の前進回転に、クッションにあたり、横回転が加わることで、反射角が小さくなり、引き球の場合は、クッションに当たった時に、手玉の方に戻ろうとする力が加わるので、反射角が大きくなるのです。

この撞点と力加減を、加味して手玉を撞くことで、反射角は色々変わります。

この2つの原理を考えると、一番、反射角が小さい撞き方は、手玉の中心上を弱く撞くこととなります。


4. 入射角と反射角のまとめ

実際に、この角度を計算することは、困難に等しいと思います。力加減と撞点のバランスで、反射角は変わりますからね。

確実に、撞点を撞く事。確実に、同じ力加減で突く事が出来なければ、軌道の確実性はないに等しいですから、ショットの確実性を高めるために練習をすることをお勧めします。

練習で、実際にどのくらい角度が変わるのか、把握するようにしてください。

ビリヤードの角度を、完全にマスターすることは、相当な練習量が必要となりますので、まずは、変化の原理を覚えて、実体験でイメージを掴んだらどうでしょうか。

そうすると、手玉の次の位置を考えるのにも、ずいぶん、幅が広がり、ビリヤードのゲーム組立が、楽になると思います。