ビリヤードゲームで、的玉から手玉までの軌道上で、じゃまなボールがあることは結構、あるでしょう。

そんな時に、どうしても空クッションを使う頻度はあると思います。そんな空クッションの狙い方や、練習方法をご紹介します。


1. 空クッションとは??

空クッションとは、手玉が、的玉に触れる前に、クッションに触れることを言います。要するに、直接的玉が狙えず、ますは、クッションさせて、反射させた手玉を的玉にあてることを言います。




実際に、ポケットまでの軌道上の的玉までの間に、他のボールがあると、ジャンプを狙うか、マッセか、考えますよね。

一番、確実なのは、空クッションなので、迷うことなく、勝負の場合は、空クッションを狙いましょう。


2. クッションの狙う場所をイメージする方法

空クッションは、入射角と反射角をイメージして、クッションの狙うポイントを決めなくてはいけません。その、ポイントの考え方は、下のとおりです。

まず、狙うポイント、イメージボールの中心を決めて、そのポイントから、クッションに向かって、垂直な直線をイメージします。

イメージボールの中心(a)からクッションまでの距離と同じ距離を伸ばしたところに、ポイント(b)をイメージします。ポイント(b)から手玉に向かって、直線を引き、その直線上のクッションの端が、狙う場所(c)となります。

これは、あくまでも基本ですので、これをもとに、応用して挑んでください。


2. 空クッションのイメージ練習方法

イメージの方法は、わかっていただけましたか?なかなか、わかりにくいとは思いますので、実際、テーブル上で確認してみてください。

直線がわかりにくければ、キューを使って、直線をイメージし、実際に、イメージボールを置いて、ポイントを探してみてください。

何度も、実際にショットするしか方法はないのですが、中心を撞く、まっすぐ振り下ろすショットが出来るようになることが必要条件となります。

それが、出来なければ、なんど空クッションの練習をしようとしても、まともにC点に入っていきません。


2. 空クッションのイメージまとめ

手玉を撞くときは、中心をある程度の力で撞くようにしないと、狙ったとおりに手球が行きません。

ある程度、クッションに慣れてくると、的球を狙い通りにポケット出来るようになるので、ビリヤードの練習を積み重ね、空クッションで入るようにしてください。

ビリヤードゲームの組立で、クッションシステムを知ると、もっと楽にショット出来るようになりますよ。