ビリヤードテーブルには、いくつか点がありますが、その中にセンタースポットという点があるのを知っていますか?

今回はこのセンタースポットを利用したビリヤードを上達するための方法をご紹介します。


1.センタースポットとは?

ビリヤードテーブルを改めてじっくり見てみると、何か見つかることはありませんか?

ポケットが6つありますが、真ん中のポケット2つはサイドポケットといいます。

そのサイドポケットをつなげたちょうど中間地点にあるのが、センタースポットです。

その名の通り、テーブルの真ん中にありますね。




たいていは、シールなどで印がしてあるのではないでしょうか?

テーブルの長い辺であるロングラインの中央の点ともいえますね。


2.全ての基本はストレートショット

ビリヤードのゲーム中、センタースポットにボールを置いて、などという場面はありません。

しかしながら、このセンタースポットを使った練習は数多くあります。

まずは体ならしにもなるストレートショットです。

センタースポットに的球を置き、キューボールをまずは自分の手と肘の距離に置き撞きます。

ストップショットで撞くようにしましょう。

何球か撞いて、問題なく的球がポケットに入れば問題ありません。

スタンスやストロークに違和感などがなければ、的球とキューボールの距離を長くします。

もし的球がポケットに入らなければ、何球入らなかったのか、ポケットのどちら側にミスしたかを思い出します。

そこで、再度ブリッジ、グリップ、スタンスの確認です。

ビリヤードで大切なのは、キューありきだということです。

分かりにくければ、右利きの人なら右手でキューを持ち、イマジナリーボールの位置に合わせてキュー先を向けます。

キューの位置が決まったら、その場所に体を持っていく感じです。

キューを動かさないように、注意してください。

センタースポットが上達の手助けをしてくれているんですね。


3.センタースポットは厚みの目安にもなる

センタースポットは、厚みの目安にもなるので覚えて利用すると便利です。

例えば、センタースポットに的球がある場合、ロングライン上にキューボールを置いたら、約30度になり、ハーフボールの厚みになるということです。

具体的には、テーブルを横長にして見た場合、ロングラインは長い辺の真ん中を通るので、横に引かれます。

もちろん実際に線が引いてあることはありません。

ロングラインの中央の点、つまりセンタースポットに的球を置きます。

ロングラインの右半分、センタースポットより右側の部分にキューボールを置きます。

ここから左上のコーナーポケットに的球を入れるとすると、大体ハーフボールの厚みになるんです。

これを知っていれば、ゲーム中でも応用はできるでしょう。

一球一球確認もしますが、厚みの検討がつきやすいと、落ち着いて、自信を持ったショットができるはずです。

ここにまた上達の一歩があるんですね。