ブリッジを正確に作るということは、ビリヤードを上達するためには基本です。

初心者の方は、まず、組み方の練習として、中級者の方は、おさらいとして読んでください。

色々なブリッジがある中で、今回は、フィンガーチップブリッジの組み方と使い所を紹介します。





1. フィンガーチップブリッジの組み方

ビリヤードをしていて、手玉と的玉が引っ付いている時とかは、他のブリッジだと撞きにくくファウルになりやすいです。
そんな時に、フィンガーチップブリッジは、高い位置から手玉を撞くことが出来るので、このブリッジを利用します。

組み方は、まず、オープンブリッジの変形型となりますので、オープンブリッジを右利きの方は左手で、左利きの方は右手で、ブリッジを作ってください。

そして、小指、薬指、中指の3本で手の甲を高く持ち上げてください。指に力が要りますので、人差し指は中指に添えるようにすると楽に持ち上がります。

キューは、高い位置から斜め下に撞く形になりますので、不安定になりがちです。他のボールに指やキューが触れる可能性が高いので、ファウルにならないように注意してください。


2. フィンガーチップブリッジの使い所はここだ!

相手のプレイヤーにセーフティをされたり、手玉の近くに他の玉があって、すんなりショットが出来ないことがありますよね。

的玉が集まっている時も使えますし、レール際に手玉があるときとかに、なかなか、他のブリッジが出来ないケースは、結構あります。

ブリッジも不安定で、キューも斜めに撞くので、結構、難しく、安定したショットをするには困難です。

しかし、レベルの高い人とすれば、するほど、フィンガーチップブリッジを使う頻度はたかくなりますので、ファウルにならない程度は練習しておきましょう。

ビリヤードのブリッジは、色々と種類がありますが、実際は指の長さの問題や、手のサイズとかいろいろありますので、基本をマスターして、あとは、自分なりのいいブリッジを探すように練習してください。

基本はスタンダードブリッジなので、まずは、これが出来るようになってから、他のブリッジを覚えるようにしましょう。