ビリヤードの初心者が難しいと感じるもののひとつにブリッジがあります。

スタンダードブリッジを覚えたあとは、状況に応じてブリッジを使い分けなくてはなりません。

ここでは、クッション際でのブリッジの作り方をマスターして上達していきましょう。


1.レールブリッジ

クッション近くに手球があり、テーブル上でブリッジが組めないときに使うブリッジです。

まずブリッジを組む手を広げてレールに置き、人指し指を上げます。




親指をスライドさせ中指の第2関節に指先が来るように合わせます。

そこにキューを置き、中指と親指に沿うようにセットします。

あげていた人指し指をその外側に下ろし、上から押さえつけ固定します。

これでレールブリッジの完成です。

親指と中指がキュー方向のガイドのような形になり、レールでも固定できるのでとても安定したブリッジとなります。

撞点も上下左右フレキシブルに動かすことができるので、使い勝手の良いブリッジです。

また、サイドからのブレイクショットの際はほとんどのプレーヤーがこのブリッジを使用することからもわかる通り、強いショットを撞くのに適しています。


2.クッションタッチ時のブリッジ

手球がクッションにタッチしているケースでは、レールブリッジだとストロークがほとんどできません。

手球とブリッジの距離を離すには、ビリヤード台の一番外側に指先を置いてそこにスタンダードブリッジ、またはオープンブリッジを組む他ありません。

クッションにタッチしている手球は上1/4程度しか撞ける場所がありません。

ほぼ端を撞くことになるので、無理して強く撞いたりひねったりしようとすると確実にキューミスをすることになります。

撞点を大事にしたり、ある程度の力で撞こうとするときはスタンダードブリッジでしっかりとキューを固定し、キュー方向を見やすくしたい場合はオープンブリッジにすると良いと思います。


3.撞きづらいときには

クッションと手球の間に邪魔な球があって、スタンダードブリッジでもレールブリッジでも撞けない場合もあります。

いわゆる「撞きヅラ」の場合です。

この場合は、フィンガーチップブリッジで対処しましょう。

中指、薬指、小指の3本の指先をカメラの三脚のように台に立て、第3関節をくの字に曲げて手の甲を台と平行近くになるようにし、あとはオープンブリッジと同じように親指を人指し指にくっつけるだけです。

第3関節を反らせてしまう人がいますが、それだと安定したブリッジが組めないので注意しましょう。

いかがだったでしょうか。

クッション際のブリッジは組みにくく慣れが必要ですが、一度覚えてしまえばビリヤードの上達のための大きな武器になります。

ビリヤード場以外でも台さえあれば練習できますので、頑張って覚えましょう。