ビリヤードをプレーする上で重要な要素に「ブリッジ」があります。

キューを固定し正確な撞点を撞くためには様々なブリッジの知識が欠かせません。

ブリッジの種類と長所、短所を知って、上達していきましょう。


1.スタンダードブリッジ

最もオーソドックスで、初心者が始めに覚えるべきブリッジです。

すべてのブリッジの基本となる形なので、しっかり組めるようになりましょう。ブリッジを組む手を広げて台に乗せます。

人指し指を上にあげて、親指を中指に沿わせます。親指の指先に人指し指の指先をくっつけて輪を作り、そこにキューを通します。

中指、薬指、小指を目一杯広げ、指先でラシャを掴むようにします。




指先以外の手のひらで台に付いている部分を少し浮かせて完成です。初心者はまずこのブリッジをマスターしましょう。

人指し指を親指につけるのではなく中指につけてその間にキューを通す、いわゆる「フィリピンブリッジ」と呼ばれるものもあります。

こちらは慣れないうちはキューが滑りにくく、初心者には難しく感じられるかもしれませんが、キューをしっかり固定できるメリットがあります。

そのため、上級者やプロの多くがこのブリッジで撞いています。

初めからこのブリッジで慣れておくのも良いかもしれません。


2.オープンブリッジ

ブリッジの作り方としては一番簡単な種類です。

台に広げて乗せた手の、親指以外の指の第3関節を少し曲げ、山を作るようにします。

親指の第1関節を人指し指の第2関節と第3関節の間に隙間なくくっつけて、V字形の溝を作りそこにキューを乗せて出来上がりです。

スタンダードブリッジをよりも簡単で、キューが滑りにくくてスタンダードブリッジは嫌だというビリヤードを始めたばかりのプレーヤーにはうってつけです。

キューの方向が見やすい利点もあります。

ただし下側しか固定されていないため、真っ直ぐ水平に振れないプレーヤーは手球をコントロールするのに苦労すると思います。


3.レールブリッジ

クッションの近くに手球があり、テーブル上にブリッジを組むスペースがないときに使うブリッジです。

テーブル上でブリッジを組める手球位置でも好んでこのブリッジを使用するプレーヤーもいます。

まずブリッジを組む手を広げてレールに置き、人指し指を上げます。

親指の指先を中指の第2関節に来るように合わせます。

中指と親指にあたるようにキューを沿わせ、上げていた人指し指をその外側に下ろし、上から押さえつけ固定します。

これで完成です。

上下左右どこからも固定できるのでとても安定したブリッジです。

ブレイクショットなど、強いショットを撞くのに適しています。


4.フィンガーチップブリッジ

オープンブリッジの応用で、手球の手前に邪魔な球がある場合やジャンプショットの時に使用します。

親指と人差し指以外の3本の指を、テーブルにほぼ垂直になるよう立てます。

人差し指はテーブルに乗せても良いですが、3本指の方が安定します。人指し指を使わない場合は中指に沿わせましょう。

あとはオープンブリッジと同じ要領で組んでください。初心者はなかなか安定してブリッジを支えられないので、特に練習が必要です。

一時間このブリッジの練習をしても良いくらいです。いかがだったでしょうか。

ビリヤードのブリッジは種類が多く、コツを覚えるのに一苦労です。

また、慣れないうちは指が痛くなったりつったりして根気のいる練習になります。

お風呂に入りながら指のストレッチをしたりしてケアにつとめて上達していきましょう。